2017年 01月 09日

冬野のファンタジー[ヒメグルミ葉痕]crystal-wayの作品

春から秋にかけて、新緑・花・紅葉に彩られてきて、冬枯れとなってみると、目を引くものが無いようです。
ところが木立をよく観察してみると、不思議なモノが見つかります。それは葉痕(広葉樹の葉が落ちた痕で、樹種によりいろいろな顔に見えます)と言われ、冬に見られるものです。
特にクルミの仲間の葉痕は、ヒツジやサルの顔に似ているようです。この写真も、ヒメグルミの樹で見つけました。

e0053850_20511296.jpg


〔データ〕ソニーα6300  +  ZEISS Touit 50ミリF2.8マクロ   絞り優先オート  F16   WB:オート     JPEG   撮影地:小石川植物園

# by crystal-way | 2017-01-09 20:51 | 冬芽・葉痕 | Comments(0)
2017年 01月 01日

新年への願いは“平穏”!?(crystal-wayの作品)

江戸千代紙のお店のウィンドーディスプレイが、ニワトリになっていました。新年は酉年です。
いろいろな不安定なことが多い昨今ですが、今年は、穏やかな一年になりますようにと、願うばかりです。
物言わず、季節の流れに沿って咲き次ぐ花たちに、時折、注目するくらいの心のゆとりを持っていたいものです。

e0053850_253328.jpg


〔データ〕ソニーα6000  +  Vario-Tessar T* E 16-70ミリ F4 ZA OSS  絞り優先オート  F5.6  WB:オート   JPEG   撮影地:谷中・三崎坂

# by crystal-way | 2017-01-01 00:15 | 街並スナップ | Comments(0)
2016年 12月 24日

青いクリスマス・ツリー(crystal-wayの作品)

東京駅丸の内南口前の、KITTEビル内のクリスマス・ツリーです。本来は真っ白ですが、ライトアップにより青く変化しています。
まるで、本物の雪に覆われているような、荘厳な雰囲気を感じました。
飾りのない、こうしたクリスマス・ツリーはかえって新鮮でした。

e0053850_23523827.jpg


〔データ〕ソニーα6000  +  Vario-Tessar T* E 16-70ミリ F4 ZA OSS   プログラムオート   WB:オート     JPEG   撮影地:KITTEビル

# by crystal-way | 2016-12-24 23:52 | 街並スナップ | Comments(0)
2016年 12月 08日

ウィンター・イルミネーション『噴水ライトアップ』(crystal-wayの作品)

「東京ドームシティ」のウィンター・イルミネーションが点灯しています。LEDの導入で、イルミネーションが大きく変わりました。瞬時に色が変わり、明滅する照明とアップテンポな音楽とのコラボが飽きさせません。この場合も、噴水の水の出方がいろいろ変わるのと、照明の変化で、多彩な表情が見られました。

e0053850_2323165.jpg


〔データ〕ソニーα6000  +  Vario-Tessar T* E 16-70ミリ F4 ZA OSS   プログラムオート   WB:オート     JPEG   撮影地:東京ドームシティ

# by crystal-way | 2016-12-08 23:33 | 街並スナップ | Comments(0)
2016年 11月 27日

黄金色の水辺(crystal-wayの作品)

新宿御苑のシュゼンジカンザクラ(修善寺寒桜)が、キレイに黄葉していました。早春には、薄ピンク色の花を爛漫と咲かせる銘木ですが、秋には、鮮やかな黄色で楽しませてくれます。
折しも秋晴れの日で、水面の青空と揺らめきが黄葉と相まって、のどかな小春日和を感じさせてくれました。

e0053850_22435010.jpg


〔データ〕 ソニーα6000  +  E18-200ミリ F3.5-6.3 OSS   絞り優先オート   F11   WB:オート     JPEG    撮影地:新宿御苑

# by crystal-way | 2016-11-27 22:43 | 紅葉 | Comments(0)
2016年 11月 15日

昭和記念公園・錦秋(crystal-wayの作品)

都心より一足早く紅葉前線がやってくるのが、「昭和記念公園」の日本庭園です。11月中旬に訪れたとき、日本庭園では、赤や黄色のモミジが真っ盛りでした。
錦秋を表現するために、彩り豊かなモミジをレンズの望遠側で重ねました。東京の紅葉のスタートを実感できる、素晴らしい秋景色でした。

e0053850_23354065.jpg


〔データ〕 ソニーα6000  +  E18-200ミリ F3.5-6.3 OSS   絞り優先オート   F11   WB:オート     JPEG    撮影地:昭和記念公園・日本庭園

# by crystal-way | 2016-11-15 23:35 | 紅葉 | Comments(0)
2016年 11月 06日

ウメモドキ爽秋(crystal-wayの作品)

ウメモドキ(モチノキ科)は、9月頃から実が赤く熟して、12月頃に落葉すると、実が目立つようになります。落葉前の実は、葉のグリーンとの色の対比が、爽やかな美しさを見せてくれます。ここでは、葉のグリーンを背景に、点在する実の美しさを捉えてみました。

e0053850_1743524.jpg


〔データ〕 ソニーα6000  +  E18-200ミリ F3.5-6.3 OSS   絞り優先オート   F7.1   WB:オート     JPEG    撮影地:新宿御苑

# by crystal-way | 2016-11-06 17:44 | 結実 | Comments(0)
2016年 10月 31日

サクラ黄葉(crystal-wayの作品)

モミジの真っ赤な紅葉の前に、ソメイヨシノなどのサクラの黄葉が始まります。地味ではありますが、確実に秋が深まっているのを感じます。ここでは、色変わりした一枚のサクラの葉にしっかりピントを合わせ、その繊細な表情を捉えてみました。

e0053850_2185485.jpg


〔データ〕 ソニーα6000  +  E18-200ミリ F3.5-6.3 OSS   絞り優先オート   F9   WB:オート     JPEG    撮影地:名主の滝公園

# by crystal-way | 2016-10-31 21:20 | 紅葉 | Comments(0)
2016年 10月 23日

黄葉の始まり(crystal-wayの作品)

長雨や台風の天候不順が過ぎてから、徐々に冷え込みを感じるようになりました。人が服装に悩むように、植物も冬への備えに悩んでいることでしょう。
紅葉の時期はもう少し先と思っていたら、「シナマンサク」の葉が色変わりしていました。
本格的な黄葉(紅葉)の時期も、案外そこまで来ているのかも知れません。

e0053850_8232927.jpg


〔データ〕 ソニーα6000  +  E18-200ミリ F3.5-6.3 OSS   絞り優先オート   F6.3  WB:オート     JPEG    撮影地:皇居東御苑

# by crystal-way | 2016-10-23 08:23 | 紅葉 | Comments(0)
2016年 10月 12日

コスモス可憐(crystal-wayの作品)

今年のコスモスの花は、相次ぐ台風や長雨のために、生育が思わしくありません。細い茎で背が低く、弱い風にも揺らぐ様子に心が痛みます。
そんな中で、仲睦まじく花を咲かせる一枝に、心和みました。
今年のコスモス畑には、つぼみもたくさんありました。天候の落ち着いたところで、咲き誇って欲しいものです。

e0053850_22203548.jpg


〔データ〕 ソニーα6000  +  E18-200ミリ F3.5-6.3 OSS   絞り優先オート   F9  WB:オート     JPEG    撮影地:昭和記念公園

# by crystal-way | 2016-10-12 22:20 | 秋の花 | Comments(0)
2016年 10月 03日

ヒガンバナ群生(crystal-wayの作品)

9月の彼岸の頃、赤い花をたくさん咲かせて、独特な初秋風景を見せるヒガンバナです。地中からライトグリーンの茎をグングン伸ばし、数日のうちに赤い花を群れ咲かせます。
ヒガンバナは種子をつくらないため、地下茎で増えるといいます。では、何のための花々なのか不思議な気がします。
それでも、この初秋を彩る光景を、しっかり写真に撮っておきたいと思いました。

e0053850_21263853.jpg


〔データ〕 ソニーα6000  +  E18-200ミリ F3.5-6.3 OSS   絞り優先オート   F7.1   WB:オート     JPEG    撮影地:小石川植物園

# by crystal-way | 2016-10-03 21:26 | 秋の花 | Comments(0)
2016年 09月 25日

初秋小景(エノコログサ&ヒガンバナの彩り)/crystal-wayの作品

初秋を告げる二つの花。秋の彼岸の頃にいっせいに咲くヒガンバナの花は、鮮やかな赤色で初秋の到来を印象づけます。方や、野辺の草原でひっそり咲くのは、エノコログサの花穂。赤く色づくでもなく、薄緑色や白色で細かな花の穂を立てます。
いつも注目されないで地味なエノコログサを、たまには主役に引き立てるのも悪くありません。レンズのボケと明暗差を使い、ヒガンバナを脇役に、エノコログサを主役としてみました。

e0053850_19711.jpg


〔データ〕 ソニーα6000  +  E18-200ミリ F3.5-6.3 OSS   絞り優先オート   F9   WB:オート     JPEG    撮影地:小石川植物園

# by crystal-way | 2016-09-25 19:08 | 自然風景 | Comments(0)