フルール花写真教室

cfphoto.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 28日

ヒガンバナの撮り方(複雑な造形に迫る)/crystal-wayの作例

e0053850_22223534.jpg

ヒガンバナの花一輪の造形は、中心の花弁と周辺のシベで構成された一つの型(パターン)です。ですので、一輪の花では意外とすっきりしています。ところが、何輪もの花が寄り添って咲くことが多く、交錯した花の造形は捉えにくくなります。この作例では、前後に交錯する花の後ろ側を中心に、絡み合う様子を捉えてみました。

〔データ〕 キャノンEOS Kiss X3  +  EF-S55~250ミリ F4-5.6 IS    絞り優先オート   F6.3    WB:太陽光    JPEG    撮影地:昭和記念公園
[PR]

by crystal-way | 2013-09-28 22:26 | 秋の花(作例) | Comments(0)


<< ヒガンバナの撮り方(群生の流れ...      ヒガンバナの撮り方(色彩とボケ... >>