フルール花写真教室

cfphoto.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 16日

ハスの花の撮り方⑥【昆虫をポイントに撮る】/crystal-wayの作例

ハスの大きな花は、昆虫たちにとって、美味しい蜜や花粉にありつける憩いのシェルターなのでしょう。特に多いのがミツバチなどの蜂の仲間です。次から次へと花を渡り歩きながら、ハスのシベをかき分けて動き回ります。常に動き回るので、写真に収めるのは容易ではありません。花とハチの両方にピントが合うタイミングを逃さず撮りましょう。
一方、トンボ類は花に止まっている間はじっとしているので、上手く近づければ容易に撮れます。作例では、イトトンボがお気に入りのハスの花に止まっていました。こうした小さな昆虫を確実に捉えるには、マクロレンズで正確に撮るのが良いでしょう。
                       

                        『イトトンボ』
e0053850_2142310.jpg

          『ミツバチ』
e0053850_2116761.jpg

〔イトトンボ・データ〕ソニーNEX‐F3  +  コシナAF100ミリ F3.5マクロ(キャノンマウント)  +  マウント・アダプター(キャノEOS→ソニーNEX)    絞り優先オート   F10   WB:太陽光    JPEG   撮影地:埼玉県伊奈町
〔ミツバチ・データ〕 ソニーNEX‐F3  +  キャノンEF-S18-55ミリ F3.5-5.6 IS STM  +  マウント・アダプター(キャノンEOS→ソニーNEX)    絞り優先オート   F9   WB:太陽光   JPEG    撮影地:行田市古代蓮の里
[PR]

by crystal-way | 2014-07-16 21:17 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(0)


<< ハスの花の撮り方⑦【散り花を撮...      ハスの花の撮り方⑤【葉模様を活... >>