フルール花写真教室

cfphoto.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 17日

ミントさんの作品(紅梅)

この作品では、思い切って花に寄り、一輪の魅力を引き出しています。梅の花は中央のシベが突出しており、アップ撮影ではピントの合わせ処が難しいものです。ここでは、メインの花の手前側に合わせましたが、やや前過ぎたようです。わずか後ろ側へピント位置をずらすことで、花びらの縁とシベに合う位置があったと思います。それでも、左側の花の表面にピントが合っていて、全体としてはボケた印象は少なくなりました。
e0053850_19523024.jpg

 〔データ〕 キャノン EOS-1N  +  マクロ90㍉          フジクロームベルビア
[PR]

by crystal-way | 2007-02-17 20:00 | 早春の花 | Comments(8)
Commented by the-fuji at 2007-02-17 21:09
このような場合、ピントを何処に合わせるか難しいですね。
Commented by h_nakazato at 2007-02-18 10:50
ミントさんの作品
な~るほどね。ピント合わせにはいつも苦労してます。
でも,ピンクの梅とても奇麗に撮れてますね。
Commented by wakaba0818 at 2007-02-18 12:36
こんにちは~**
マクロになるほど、ピントの合わせる位置が表現力の違いが出てきますよね
前の花の花びらに、ピントを合わせたら違ってきますよね
マクロでより過ぎると、蕊に合わせてしまうことが多いですが
本当にマクロレンズで花を撮る時、何時も迷ってしまう私です
素敵なピンクが、やわらかい雰囲気でいいですよね(^-^)
Commented by crystal-way at 2007-02-18 23:00
the-fujiさん、こんばんは。
そうなんですね、ピント面がとても浅くて、少し前後すると外れてしまいます。
そのピント面をどこに合わせるかで、見え方が変わってしまいます。
Commented by crystal-way at 2007-02-18 23:08
h_nakazatoさん、こんばんは。
接写の際のピント合わせは微妙なので、迷ったときは、合わせる箇所を変えて撮っておくと良いですね。
この作品は、ピント以外は良く撮れていますね。
紅梅の魅力が上手く捉えられていると思います。
Commented by crystal-way at 2007-02-18 23:15
wakaba0818さん、こんばんは。
マクロのピント合わせでは、マニュアルフォーカスで何度もピントリングを回して、”ピントの山”を掴むようにしています。
ファインダーの視度補正をキチンと合わせることも大切ですね~(^^
Commented by kmaroon at 2007-02-19 23:06
幻想的な絵・・素敵ですね^^
叙情的な想い、伝わってきます。
Commented by crystal-way at 2007-02-20 21:36
kmaroonさん、こんばんは。
そうですね、この作品からは、梅の花の世界に誘われている気がします。
撮影者が何を求めたか定かではありませんが、ただならぬ花への想いがあるのでしょう。


<< ミッチーさんの作品(枝垂れ梅)      crystal-wayの作品(... >>