フルール花写真教室

cfphoto.exblog.jp
ブログトップ

2016年 05月 27日 ( 1 )


2016年 05月 27日

野辺の仲間(イモカタバミ&ドクダミ)/crystal-wayの作品

イモカタバミ(芋片喰・カタバミ科)は南アメリカ原産で、日本へは戦後に園芸用で移入されて、強い繁殖力で各地に広まったようです。一方、ドクダミ(毒痛み・ドクダミ科)は日本の在来植物で、古くから整腸・利尿・解毒などの薬効で十薬と呼ばれる薬草として使用されてきました。
その両者が、同じ場所で花を咲かせていました。異なる植物の間では、土地をめぐる争奪もあると聞きますが、この両者についてはどちらも強い繁殖力を持つことから、「共存」関係なのかも知れません。いずれにしても、今では、初夏を彩る季節の使者たちです。

e0053850_114215.jpg


〔データ〕ソニーα6000  トキナー100ミリF3.5マクロ(ミノルタαマウント) + アダプター(LA-EA1)  絞り優先オート  F5.6  WB:オート   JPEG    撮影地:小石川植物園
[PR]

by crystal-way | 2016-05-27 23:50 | 初夏~夏の花 | Comments(0)