フルール花写真教室

cfphoto.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:昆虫( 24 )


2016年 08月 24日

ベニシジミ(crystal-wayの作品)

花の撮影をしていると、チョウやハチなどの昆虫に出合うことがあります。彼らにとっては、花は食事や休息の場であって、花を訪れるのは自然な行動なのでしょう。
そのチョウの中で、近年、少ないと感じていた『ベニシジミ(シジミチョウ科)』に出合いました。本来は普通に見られるチョウで、3~11月にかけて、本州・四国・九州の草地や畑に生息するようです。
このチョウの幼虫は、スイバやギシギシ(いずれもタデ科)を食草としているので、そうした雑草の減少がベニシジミの個体数に影響しているのかも知れません。

花とチョウは、写真の題材としても、自然で美しいものです。これからも姿を見せて欲しいと思います。

e0053850_482430.jpg


〔データ〕 ソニーα6000  +  E18-200ミリ F3.5-6.3 OSS   絞り優先オート   F8   WB:オート     JPEG     撮影地:向島百花園
[PR]

by crystal-way | 2016-08-24 06:00 | 昆虫 | Comments(0)
2014年 08月 22日

緑陰Ⅱ(ミンミンゼミ)/crystal-wayの作品

暑さに弱いと言われるミンミンゼミですが、東京23区内でアブラゼミを凌ぐところもあるようです。関東平野では、埼玉・群馬などの内陸部での暑さが厳しく、セミの主役はアブラゼミになるようです。
木立から降り注ぐ「ミ~ンミンミンミ~」を聞いていると、どこか物憂げで気怠い気分になって来ます。
e0053850_23573077.jpg

〔データ〕ソニーα6000  +  キャノンEF-S55-250ミリ F4-5.6 IS STM  +  マウント・アダプター(キャノEOS→ソニーEマウント)    絞り優先オート   F7.1   WB:太陽光    JPEG     撮影地:板橋区内
[PR]

by crystal-way | 2014-08-22 23:58 | 昆虫 | Comments(0)
2014年 08月 20日

緑陰Ⅰ(アブラゼミ)/crystal-wayの作品

残暑と言うには厳しすぎる暑さが続いています。低空飛行の果てに、道に落ちてくるセミも増えました。短い寿命が尽きかけているのでしょうか・・・。"岩に染み入る"ほどに耳に付く鳴き声も、過ぎてしまえば夏の思い出となるでしょう。木陰に身を寄せると、懸命に命を全うするアブラゼミ(油蝉・セミ科)の姿がありました。
e0053850_15361082.jpg

〔データ〕ソニーα6000  +  キャノンEF-S55-250ミリ F4-5.6 IS STM  +  マウント・アダプター(キャノンEOS→ソニーEマウント)    絞り優先オート   F9   WB:太陽光    JPEG   フラッシュ使用   撮影地:板橋区内
[PR]

by crystal-way | 2014-08-20 15:36 | 昆虫 | Comments(0)
2014年 08月 06日

ミンミンゼミ(crystal-wayの作品)

猛暑の日々が続いていますが、蝉の鳴き声もますます賑やかになっています。暑さには強くないと言われるミンミンゼミですが、アブラゼミの鳴き声より勝っているように感じます。
こうして望遠レンズで観察してみて、茶色と黒色で覆われている印象のアブラゼミにくらべ、緑色と黒色の体色に透き通った羽を持ち、なかなか洗練されたルックスです。
真夏の風物詩?の蝉も、花と同様に季節感あふれる被写体と言えるでしょう。
e0053850_21305223.jpg

〔データ〕ソニーα6000  +  キャノンEF-S55-250ミリ F4-5.6 IS STM  +  マウント・アダプター(キャノンEOS→ソニーEマウント)    絞り優先オート   F11   WB:太陽光    JPEG    撮影地:板橋区赤塚植物園
[PR]

by crystal-way | 2014-08-06 21:31 | 昆虫 | Comments(0)
2013年 09月 20日

水色の装い(アオモンイトトンボ)/crystal-wayの作品

e0053850_21241369.jpg

水辺の花壇に、ゆらゆらと揺らめく小さな水色がありました。子供の頃に見慣れたイトトンボの飛翔です。澄んだ水辺にしか生きられないと思っていたイトトンボですが、種類によっては、都市の池にも生息しています。アオモンイトトンボ(イトトンボ科)は見かけによらず獰猛で、弱いイトトンボを襲うこともあるようです。それにしても、何とも綺麗な水色で、背景のマリーゴールドの黄色と好対照でした。

〔データ〕ソニーNEX‐F3  +  タムロンSP AF90ミリF2.5マクロ(ミノルタAマウント)  +  LA-EA1アダプター(α→NEX)   絞り優先オート  F3.5   WB:太陽光   JPEG   撮影地:板橋区内
[PR]

by crystal-way | 2013-09-20 21:25 | 昆虫 | Comments(0)
2013年 09月 08日

ナツアカネ(crystal-wayの作品)

e0053850_1701572.jpg

夏に見られる赤トンボの代表がナツアカネ(夏茜・トンボ科)で、尾から体側、さらに複眼の上半分から鼻のあたりまで、見事に赤くなっています。秋口から平地で姿を見せるアキアカネ(秋茜・トンボ科)は、体側や顔までは赤くないようです。トンボには、それぞれのお気に入りの場所があるようで、いったん飛んでも、同じ場所に戻ってきます。縄張り宣言かも知れませんが、じっくりと正面から撮ることが出来ました。

〔データ〕ソニーNEX‐F3  +  タムロンSP AF90ミリF2.5マクロ(ミノルタAマウント)  +  LA-EA1アダプター(α→NEX)   絞り優先オート  F4.5   WB:太陽光   JPEG   撮影地:板橋区内
[PR]

by crystal-way | 2013-09-08 17:01 | 昆虫 | Comments(0)
2013年 08月 14日

蝉時雨(アブラゼミ)/crystal-wayの作品

e0053850_21585025.jpg

猛暑続きの公園で、少しばかりの涼を求めて木陰に入ったものの、降り注ぐ“蝉時雨(せみしぐれ)”が耳に響きます。合唱を聞くように鳴き声が重なるなか、近くの樹で元気に鳴くアブラゼミの姿がありました。

〔データ〕ソニーNEX‐5N  +  タムロンSP AF90ミリF2.5マクロ(ミノルタAマウント)  +  LA-EA1アダプター(α→NEX)   絞り優先オート  F5   WB:太陽光   JPEG   撮影地:板橋区内
[PR]

by crystal-way | 2013-08-14 22:00 | 昆虫 | Comments(0)
2012年 10月 07日

豹柄(ヒョウモンチョウ)/crystal-wayの作品

e0053850_9255687.jpg

ファッションの世界で根強い人気の“豹柄”ですが、自然界にもあります。ヒョウモンチョウ(豹紋蝶・タテハチョウ科)の羽の内側をご覧ください。この模様で、動物の豹のように威嚇しているかは不明ですが、見事なものです。なお、何種類かあるヒョウモンチョウを特定するには、羽の外側の模様が決め手になるようです。

〔データ〕 ソニーNEX-5N + コシナ100ミリF3.5マクロ(ペンタックスKマウント)  +  アダプター(PK→NEX)    絞り優先オート  F4  WB:太陽光   JPEG   撮影地:小石川植物園
[PR]

by crystal-way | 2012-10-07 09:34 | 昆虫 | Comments(0)
2012年 09月 14日

吸蜜(イチモンジセセリ)/crystal-wayの作品

e0053850_2182160.jpg

花の少ない晩夏でも、花壇にはたくさんの花が咲いていました。なかでもセンニチコウ(千日紅・ヒユ科)の赤紫色の花には、ハチやチョウが訪れていました。イチモンジセセリ(一文字挵・セセリチョウ科)は、夏から秋にかけて盛んに花を訪れます。アゲハチョウやモンシロチョウに比べると警戒心が弱く、近寄りやすい反面、花から花へと忙しなく飛び回ります。

〔データ〕 ソニーNEX-5N + ペンタックスA80-200ミリF4.7-5.6  +  アダプター(PK→NEX)  絞り優先オート   F8   WB:太陽光   JPEG   撮影地:埼玉県川口市
[PR]

by crystal-way | 2012-09-14 21:00 | 昆虫 | Comments(0)
2012年 09月 08日

雨宿り(ツマグロヨコバイ)/crystal-wayの作品

e0053850_7193073.jpg

久しぶりの雨でした。連日続く猛暑日に、人も昆虫も、同じく雨を望んでいたのでしょう。ハリエンジュ(ニセアカシア)の葉の裏に、ツマグロヨコバイ(端黒横這・ヨコバイ科)がじっとしていました。この昆虫は、イネ科の植物を食草とし、稲の害虫と見なされています。けれど、雑草に近いイネ科植物で生活しているものは、おとなしく無害です。お行儀良く並んでいる姿が、微笑ましく感じました。

〔データ〕 ソニーNEX-5N + コシナ100ミリF3.5マクロ(ミノルタMDマウント)  +  アダプター(MD→NEX)    絞り優先オート  F4   WB:太陽光   JPEG   レフ(反射)板使用   撮影地:板橋区内
[PR]

by crystal-way | 2012-09-08 07:21 | 昆虫 | Comments(0)