カテゴリ:春の花( 215 )


2016年 05月 04日

スズラン可憐(crystal-wayの作品)

5月に入り、新緑が色濃くなってきた頃、足元の緑の中に白い花が見られます。低い位置から観察すると、スズランの可憐な花を見ることができます。
白い小さな花が繋がるような咲き方で、暗めな背景を選び、いくつかの花にピント合わせるように狙います。

e0053850_21272346.jpg


〔データ〕ソニーα6000  +  Vario-Tessar T* E 16-70ミリ F4 ZA OSS   絞り優先オート   F4.5    WB:オート     JPEG   撮影地:新宿御苑

by crystal-way | 2016-05-04 21:28 | 春の花 | Comments(0)
2016年 04月 25日

ハナミズキ路を彩る(crystal-wayの作品)

街路樹で、花咲く春を実感させるのがハナミズキです。白色やピンク色の花をたくさん咲かせて、規則的に街路を彩っています。4枚の花弁に見えるものは総苞(花を包む葉の変形したもの)で、囲まれた小さなものが花とのこと。樹を下から見上げると、総苞に隠れて花は見えません。
この写真でも、下から見上げる角度のため、総苞のみを捉えています。

e0053850_0103846.jpg


〔データ〕 ソニーα6000  +  タムロン18-200ミリ F3.5-6.3 Di III VC   絞り優先オート    F7.1   WB:オート   JPEG    撮影地:昭和記念公園

by crystal-way | 2016-04-25 00:10 | 春の花 | Comments(0)
2016年 04月 17日

チューリップの彩り(crystal-wayの作品)

一年のうちでも、花の彩り豊かさで群を抜くのが、チューリップの花です。赤・白・黄色はもとより、ピンクにオレンジにコンビの色物まで、多彩で楽しげです。そんな中で、茎のグリーンと好対照なのが赤いチューリップです。茎と花とのコントラストで、絵が成り立ってしまうのに感心しました。

e0053850_1681338.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  タムロン18-200ミリ F3.5-6.3 Di III VC   絞り優先オート    F9   WB:オート   JPEG    撮影地:昭和記念公園

by crystal-way | 2016-04-17 16:08 | 春の花 | Comments(0)
2016年 04月 08日

花海棠つぼみの舞(crystal-wayの作品)

サクランボのような花の付き方の「ハナカイドウ(花海棠)」です。開花直前のつぼみは、サクランボを逆さまにしたようで、ユニークな美しさを感じさせます。
新葉のグリーンとつぼみのピンク色が、お互いに引き立てあっています。開花前の方が独特の美しさを持つ面白い花です。

e0053850_2213256.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  タムロン18-200ミリ F3.5-6.3 Di III VC   絞り優先オート    F9   WB:オート   JPEG    撮影地:新宿御苑

by crystal-way | 2016-04-08 22:02 | 春の花 | Comments(0)
2016年 04月 01日

さくら競演(crystal-wayの作品)

暖かい日が続いて、桜の花が満開を迎えています。染井吉野の満開は迫力がありますが、“さくら色”となると物足りません。ここでは、染井吉野と陽光が並んで、花の美しさを競っていました。それぞれのピンク色の違いが、春の空気を伝えてくれます。
e0053850_22461899.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  タムロン18-200ミリ F3.5-6.3 Di III VC   絞り優先オート    F11   WB:オート   JPEG    撮影地:新宿御苑

by crystal-way | 2016-04-01 22:46 | 春の花 | Comments(0)
2016年 03月 25日

ボケ花盛り(crystal-wayの作品)

木瓜(ボケ)の花は3月半ばに盛りを迎えて、染井吉野が一斉に開花する前に、春の訪れを告げます。丸味のある花が、枝に沿って鈴なりに咲くさまは、可愛くユーモラスにさえ感じます。
撮影のコツは、枝のなかで魅力的な花の部分を見つけて、背景を整理しながらまとめることです。
この時は雨上がりで、瑞々しい花を撮ることができました。

e0053850_0181022.jpg


〔データ〕 ソニーα6000  +  タムロン18-200ミリ F3.5-6.3 Di III VC   絞り優先オート    F10   WB:オート   JPEG    撮影地:新宿御苑

by crystal-way | 2016-03-25 23:30 | 春の花 | Comments(0)
2015年 05月 10日

野辺の友(オオアマナとハルジオン)/crystal-wayの作品

オオアマナ(大甘菜・ユリ科)は、ヨーロッパ原産で明治時代末期に渡来した帰化植物です。かたやハルジオン(春紫菀・キク科)は、北アメリカ原産で大正時代に移入され野生化した帰化植物です。
いずれも、昔にはなかった植物ですが、今では春の草むらで大群落をつくっています。植物の世界では、いち早く国際化が進んで、日本にすっかり馴染んでいるようにも見えます。
e0053850_12145057.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  タムロンSP AF90ミリF2.8マクロ(ソニーAマウント)  +  LA-EA3アダプター(ソニーA→Eマウント)   絞り優先オート  F4  WB:オート   JPEG   撮影地:小石川植物園

by crystal-way | 2015-05-10 12:15 | 春の花 | Comments(0)
2015年 05月 06日

菜の花の終わり近く(crystal-wayの作品)

ロウバイやフクジュソウの黄色い花に始まった早春は、いつしか本格的な春を迎え、菜の花の黄色い花畑となりました。けれど、季節の流れは留まりません。菜の花は結実が進み、花数も少なくなりました。春の次のステージが、間近に来ているようです。
e0053850_214518.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  タムロンSP AF90ミリF2.8マクロ(ソニーAマウント)  +  LA-EA3アダプター(ソニーA→Eマウント)   絞り優先オート  F3.5  WB:オート   JPEG   撮影地:小石川植物園

by crystal-way | 2015-05-06 23:40 | 春の花 | Comments(0)
2015年 05月 02日

シャガ花模様(crystal-wayの作品)

シャガ(射干・アヤメ科)は、古い時代に中国から移入された帰化植物で、三倍体で種子ができないことから、繁殖は人の手でなされ広がったようです。やや湿った林床の斜面地などに群生し、4~5月に白色~薄紫色のアヤメに似た花を咲かせます。花弁には、紫色と黄色の模様があり、シャガとひと目でわかる特徴となっています。
写真では、前後の花を取り入れながら、花の模様がわかるように、俯瞰気味のポジションから撮りました。
e0053850_18353295.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  タムロンSP AF90ミリF2.8マクロ(ソニーAマウント)  +  LA-EA3アダプター(ソニーA→Eマウント)   絞り優先オート  F5  WB:オート   JPEG   撮影地:小石川植物園

by crystal-way | 2015-05-02 18:35 | 春の花 | Comments(0)
2015年 04月 27日

ハマハタザオ春色(crystal-wayの作品)

アブラナ科の花は、春の花の一翼を占めています。ナノハナを筆頭にナズナ、ムラサキハナナ、大根の花まで、独特の花びらに小さなシベの花を咲かせます。写真のハマハタザオもその仲間のひとつで、花の形や造りはアブラナ科の典型ですが、花びらは白地に紫色のグラデーションが入って、なかなかの美しさです。
e0053850_0122588.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  タムロンSP AF90ミリF2.8マクロ(ソニーAマウント)  +  LA-EA3アダプター(ソニーA→Eマウント)   絞り優先オート  F3.2  WB:オート   JPEG   撮影地:小石川植物園

by crystal-way | 2015-04-27 00:12 | 春の花 | Comments(0)