カテゴリ:結実( 21 )


2016年 11月 06日

ウメモドキ爽秋(crystal-wayの作品)

ウメモドキ(モチノキ科)は、9月頃から実が赤く熟して、12月頃に落葉すると、実が目立つようになります。落葉前の実は、葉のグリーンとの色の対比が、爽やかな美しさを見せてくれます。ここでは、葉のグリーンを背景に、点在する実の美しさを捉えてみました。

e0053850_1743524.jpg


〔データ〕 ソニーα6000  +  E18-200ミリ F3.5-6.3 OSS   絞り優先オート   F7.1   WB:オート     JPEG    撮影地:新宿御苑

by crystal-way | 2016-11-06 17:44 | 結実 | Comments(0)
2016年 05月 20日

さくらんぼ(染井吉野)/crystal-wayの作品

いつのまにか日差しが強まり、木陰がくっきりと影を落とすようになりました。春には花見客で賑わったソメイヨシノ(染井吉野)の樹の下に、人影はありません。
そんな静かなサクラ園で、可愛いさくらんぼを見つけました。ソメイヨシノの立派な樹にしては、小さく可愛い実をたくさん付けていました。きっと、小鳥たちの美味しい食べ物になるのでしょう。

e0053850_6471568.jpg


〔データ〕ソニーα6000  +  FE 90ミリ F2.8 Macro G OSS   絞り優先オート   F8    WB:オート     JPEG    レフ板使用    撮影地:小石川植物園

by crystal-way | 2016-05-20 06:47 | 結実 | Comments(0)
2015年 11月 07日

ウメモドキたわわに実る(crystal-wayの作品)

ウメモドキ(梅擬・モチノキ科)は、本州・四国・九州の湿地などに多い低木で、初夏に花を咲かせて、秋から冬にかけて赤い実をたわわに実らせます。しかも実の付いている期間が長いため、紅葉が終わる頃には、かなり目立つようになります。
写真の題材としても、たくさんの赤い実は魅力的です。望遠レンズでの絵づくりの練習にうってつけです。
e0053850_8421443.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  E55-210ミリ F4.5-6.3 OSS   絞り優先オート    F6.3   WB:オート   JPEG    撮影地:新宿御苑

by crystal-way | 2015-11-07 08:43 | 結実 | Comments(0)
2015年 10月 29日

ハナミズキ結実(crystal-wayの作品)

春に綺麗な白色やピンク色の花を咲かせたハナミズキ(ミズキ科)です。秋にはいち早く紅葉し、赤く可愛い実をつけました。紅葉の隙間から、秋色のベールをまとった赤い実が印象的でした。
e0053850_1553996.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  E55-210ミリ F4.5-6.3 OSS   絞り優先オート    F7.1   WB:オート   JPEG    撮影地:新宿御苑

by crystal-way | 2015-10-29 23:50 | 結実 | Comments(0)
2014年 09月 12日

色づくコムラサキ(crystal-wayの作品)

コムラサキ(小紫・クマツヅラ科)は、美しい薄紫色で秋の訪れをいち早く知らせてくれます。6~8月にかけて小さな花を咲かせ、花のあとに白い実ができて来ます。9月になれば、白かった実が薄紫色へと色変わりして、新秋の彩りに目を洗われます。
山野に多い同属のムラサキシキブ(紫式部)にも綺麗な実が付きますが、付き方がまばらなため、目立ちにくいかも知れません。平地の庭や公園では、主にコムラサキが植栽されているようです。
e0053850_21491226.jpg

〔データ〕ソニーα6000  +  コシナAF100ミリ F3.5マクロ(キャノンマウント)   +  マウント・アダプター(キャノンEOS→ソニーEマウント)    絞り優先オート   F8   WB:太陽光    JPEG    撮影地:板橋区内

by crystal-way | 2014-09-12 21:49 | 結実 | Comments(0)
2014年 01月 18日

赤い実(ノイバラ)/crystal-wayの作品

e0053850_23111117.jpg

ノイバラ(野茨・バラ科)は、沖縄以外の全国の山地に自生し、5~6月に白やピンク色の花を咲かせ、秋にはたくさんの赤い実を結びます。赤い実は、ドライフラワー・生け花など使われたり、日本薬局方に載る利尿剤などとしても利用されます。一方、繁殖力が強く棘が多いことから、「茨の道…」などと、厄介な存在に扱われることもあります。その赤い実は、冬場になっても彩りを保って、枯れ野に温か味を感じさせてくれます。

〔データ〕ソニーNEX‐F3  +  コシナAF100ミリ F3.5マクロ(キャノンマウント)   マウント・アダプター(キャノンEOS→ソニーNEX)    絞り優先オート   F9   WB:太陽光    JPEG   撮影地:自然教育園

by crystal-way | 2014-01-18 23:12 | 結実 | Comments(0)
2013年 11月 10日

小さな冠(タイワンホトトギス)/crystal-wayの作品

ホトトギスの花は、その独特な造形で一目でそれと分かります。今回はタイワンホトトギス(台湾杜鵑・ユリ科)の蕾とシベ、そして結実へと変わる姿の面白さを捉えてみました。右側から蕾が成長し、花をとおり越して雌シベの冠に至ります。その後は緑色の鞘の実となります。いつものホトトギスの花とは違い、成長して行く姿を見たようです。

  【蕾~雌シベ~実】
e0053850_1573425.jpg

                   【その花】
e0053850_1541739.jpg
           

〔共通データ〕 ソニーNEX‐F3  +  ミノルタAF100ミリF2.8マクロ  +  LA-EA1アダプター(α→NEX)   絞り優先オート   F3.2,6.3   WB:オート   JPEG   撮影地:皇居東御苑

by crystal-way | 2013-11-10 15:27 | 結実 | Comments(0)
2013年 09月 16日

実り(ゴーヤ)/かしこさんの作品

e0053850_17595830.jpg

かしこさんは、家庭菜園で、軒先にゴーヤを育てているそうです。この度、美味しそうな実が出来たので、写真に撮って来てくれました。軒先の蔓や巻き髭や大きな葉に囲まれて、ふっくらキュートな実がお見事です。ゴーヤは雄花と雌花が咲き、ハチなどで受粉して実が出来るようです。蔓を這わせるところから育てて、次第に成長し花を咲かせ、こうして実りを向かえると、感慨もひとしおでしょう。

〔データ〕 ソニーNEX-F3  +  E 55~210ミリ F4.5-6.3 OSS   絞り優先オート  F 5.6    WB:太陽光   JPEG    撮影地:自宅

by crystal-way | 2013-09-16 18:02 | 結実 | Comments(0)
2012年 11月 03日

色づく葉(ガマズミ)/crystal-wayの作品

e0053850_236377.jpg

緑色の葉のままに、早くから赤い実をつけていたガマズミ(スイカズラ科)です。秋の深まりとともに、葉も赤味を帯びてきました。実の方も深みのある赤色になり、熟して甘味が増したことでしょう(ガマズミの実は食べられます)。

〔データ〕 ソニーNEX-5N  +  E55~210ミリ   絞り優先オート   F6.3   WB:太陽光    JPEG    撮影地:皇居東御苑

by crystal-way | 2012-11-03 23:08 | 結実 | Comments(0)
2012年 10月 23日

秋の色Ⅰ(キンエノコロ)/crystal-wayの作品

e0053850_23293432.jpg

エノコログサの仲間で、夕陽を浴びると黄金色に光るのがキンエノコロ(イネ科)です。植物の穂でありながら、見事な黄金色になるのに驚きます。日没間近の光で一面が黄金色になり、忘れられない秋の光景でした。

〔データ〕 ソニーNEX-5N  +  E55~210ミリ   絞り優先オート   F8   WB:太陽光    JPEG    撮影地:板橋区内

by crystal-way | 2012-10-23 23:30 | 結実 | Comments(0)