カテゴリ:早春の花( 171 )


2017年 03月 13日

過ぎ行く早春(オカメザクラ)/crystal-wayの作品

2月は暖かい日が多く、寒桜やおかめ桜(オカメザクラ)が順調に咲き誇っていました。このまま暖かい日が多いと、ソメイヨシノの開花も早まると思っていましたが、3月に入ってからは、天気が冬へと逆戻りしています。
3月も半ば近い日、小さな花びらを残しながら散り逝くオカメザクラに、心惹かれながら撮影しました。

e0053850_22551246.jpg
〔データ〕ソニーα6000  +  E18-200ミリ F3.5-6.3 OSS   絞り優先オート   F9   WB:オート     JPEG    撮影地:新宿御苑





by crystal-way | 2017-03-13 22:59 | 早春の花 | Comments(0)
2017年 02月 22日

ナノハナ(菜の花)と都市風景/crystal-wayの作品

東京都心で、ナノハナ(菜の花)の広い群生を見れるのが、浜離宮恩賜庭園です。大手門口よりわずかな距離で、広大な長方形のナノハナ花畑に至ります。
ナノハナ畑を前景に、後方のビル群を望む景色は、自然と都市風景のコラボと言っても良いでしょう。スッキリと美しい早春の風景です。
ナノハナ畑の周りに植えられた紅白梅との組み合わせも、春らしく素敵な光景です。
さらに、ナノハナ畑をよく見ると、野草(ホトケノザなど)の小さな花を見ることができます。在来植物を育んできた、自然の豊かさを見ることができます。

e0053850_12251667.jpg


ソニーα6000  +  E18-200ミリ F3.5-6.3 OSS   絞り優先オート   F13   WB:オート     JPEG    撮影地:浜離宮恩賜庭園

by crystal-way | 2017-02-22 12:44 | 早春の花 | Comments(0)
2017年 02月 03日

ニホンスイセン爽やか(crystal-wayの作品)

一年で一番、寒さの厳しい時期ですが、春の兆しは着実に進んでいます。
12月に咲き始めたニホンスイセン(日本水仙)は、1月に入って開花が進み、1月末にはかなりの数の開花が見られました。
ニホンスイセンの花畑にいると、芳しい香りに包まれます。視覚と嗅覚で春を味わえて、素敵な時間でした。
植物に親しむと、心身ともに癒されるのを感じます。

e0053850_021738.jpg


〔データ〕 ソニーα6000  +  E18-200ミリ F3.5-6.3 OSS   絞り優先オート   F8   WB:オート     JPEG    撮影地:葛西臨海公園

by crystal-way | 2017-02-03 00:02 | 早春の花 | Comments(0)
2017年 01月 22日

冬空に映える(ソシンロウバイ)crystal-wayの作品

早春を最初に彩る花といえば、ニホンスイセンか、このソシンロウバイでしょう。いずれの花も黄色が基調色になっています。ニホンスイセンでは白色と黄色のコンビですが、ソシンロウバイでは花全体が黄色いミニランプのようです。
そして、決定的な違いは、スイセンの花は地上数十センチに咲きますが、ソシンロウバイの花は頭上の枝に咲くことです。
花を見上げれば、青い冬空が背景です。反対色のソシンロウバイが綺麗に浮き上がって見えました。

e0053850_2330692.jpg


〔データ〕ソニーα6000  +  Vario-Tessar T* E 16-70ミリ F4 ZA OSS  絞り優先オート  F8  WB:オート   JPEG   撮影地:新宿御苑

by crystal-way | 2017-01-22 23:31 | 早春の花 | Comments(0)
2016年 03月 16日

ハクモクレン開花(crystal-wayの作品)

寒のもどりで、冬の服装に逆戻りの日が続きました。それでも、カンザクラ(寒桜)は、いつの間にか葉桜となり、ハクモクレン(白木蓮)は、硬かった蕾をほころばせています。
新宿御苑では、例年のように新宿門脇のハクモクレンの開花が進み、白い花が並び咲いて、本格的な春を予感させています。

e0053850_23372812.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  タムロン18-200ミリ F3.5-6.3 Di III VC   絞り優先オート    F14   WB:オート   JPEG    撮影地:新宿御苑

by crystal-way | 2016-03-16 23:40 | 早春の花 | Comments(0)
2016年 03月 06日

早春の桜色(寒緋桜)/crystal-wayの作品

寒緋桜(カンヒザクラ)は、中国南部や台湾、沖縄から鹿児島に多く見られるサクラの原種のひとつです。釣鐘状で開ききらず、濃いピンク色の花は、遠目にもそれとわかります。関東に植えられたものは、開花期が2月下旬~3月上旬となり、特徴ある花を見ることができます。
染井吉野・紅しだれ桜などの春本番のサクラが固く蕾を閉ざしているこの時期、濃いピンク色の花は、目に眩しいくらいでした。

e0053850_21263348.jpg

〔データ〕ソニーα6000  +  Vario-Tessar T* E 16-70ミリ F4 ZA OSS   絞り優先オート   F13    WB:オート     JPEG   ストロボ同調   撮影地:台東区谷中

by crystal-way | 2016-03-06 21:26 | 早春の花 | Comments(0)
2016年 03月 01日

寒桜ほんのり春色(crystal-wayの作品)

新宿御苑の日本庭苑に寒桜の大樹が3本あります。うち2本は早咲きで、今年は2月下旬で花を散らしていました。残る1本は、ほぼ同じ場所にありながら、10日程は遅れて咲きます。この時も1本は咲き始めで、つぼみを鈴なりにした枝のあちこちで、ほっこり咲き出していました。
開いた花を望遠ズームレンズでボケに単純化したら、寒桜の花色が見えてきました。

e0053850_350915.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  タムロン18-200ミリ F3.5-6.3 Di III VC   絞り優先オート    F9   WB:オート   JPEG    撮影地:新宿御苑

by crystal-way | 2016-03-01 06:05 | 早春の花 | Comments(0)
2016年 02月 21日

早春淡色(紅梅と青空)/crystal-wayの作品

写真の面白いところは、露出の与え方で全く印象の異なる画像になることです。その場の明るさや色を忠実に再現するのを基本としても、撮影者の感じた印象を表現するために、意図的に明暗を変えることもあり得ます。
この作品がそれで、紅梅と青空の明るく淡い色再現に、早春の雰囲気を託したものです。露出を多く与える(プラス側に露出補正する)ことで、色が浅くなって、浅い春を感じてもらおうという狙いです。

e0053850_21534496.jpg

〔データ〕 オリンパスPEN E-P5 +  LUMIX G VARIO 14-140ミリ F3.5-5.6 ASPH   絞り優先オート   F8  +1.3EV補正   WB:オート    JPEG   撮影地:皇居東御苑

by crystal-way | 2016-02-21 21:54 | 早春の花 | Comments(0)
2016年 02月 17日

紅梅・色和やか

日替わりで天気が変わるのは、春の兆しだそうです。梅の花見も、穏やかな晴天に行ければ気持ち良さそうです。この時も穏やかな晴天で、梅の花と一緒に日差しの温もりを感じたひと時でした。
紅梅と言っても、真紅に近いものから薄いピンク色までいろいろです。写真の花はきれいなピンク色で、光を浴びて浮き立っていました。

e0053850_21281490.jpg

〔データ〕 オリンパスPEN E-P5 +  LUMIX G VARIO 14-140ミリ F3.5-5.6 ASPH   絞り優先オート   F6.3   WB:オート    JPEG   撮影地:皇居東御苑

by crystal-way | 2016-02-17 21:28 | 早春の花 | Comments(0)
2016年 02月 14日

紅梅らんまん(crystal-wayの作品)

ここに来て、冬の寒さを忘れるような暖気に覆われています。暖かな日差しに誘われて、紅梅の花も爛漫(らんまん)と咲いています。穏やかな青空を背景に、花をたくさん付けた枝々がのびのびと気持ち良さそうでした。

e0053850_10224940.jpg

〔データ〕 オリンパスPEN E-P5 +  LUMIX G VARIO 14-140ミリ F3.5-5.6 ASPH   絞り優先オート   F10   WB:オート    JPEG   撮影地:皇居東御苑

by crystal-way | 2016-02-14 10:24 | 早春の花 | Comments(0)