フルール花写真教室

cfphoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 31日

AYAさんの作品(カタクリ)

カタクリは、春の雑木林に咲く美しい花ですね。この作品では、栗のイガとの組み合わせがユニークです。雨上がりで雫を纏ったカタクリと、トゲトゲした栗のイガの両方に、上手くピントを合わせつつ、背景を適度にボカしています。去年の秋の名残りと翌春の花という、季節の流れを含む内容と、視覚的な面白さを兼ね備えた秀作だと思います。
e0053850_8313653.jpg

[PR]

by crystal-way | 2006-03-31 08:31 | 春の花 | Comments(12)
2006年 03月 29日

タッキーさんの作品(紅白梅)

枝ぶりの良い白梅の木と、奥にある紅梅とを、望遠レンズの圧縮効果で、一つの絵柄にまとめました。下部に入れたグリーンが、色彩の対比効果をあげています。手前の白梅を前ボケとして入れて、奥行き感を出しています。惜しいのは、前ボケの白梅がボケきれていないことで、もう少し白梅に接近してボカしたら、柔らかくて大きめなボケになったと思います。
e0053850_07938.jpg

[PR]

by crystal-way | 2006-03-29 00:08 | 早春の花 | Comments(6)
2006年 03月 25日

彩花(群生の花 単独の花)

梅が咲き始めて桜が開花するまでに、さまざまな春の花が咲き競います。ここでは、群生する花と単独の花の作品を載せてみます。群生では、個々の花をアップするより、組み合わせによって春色を演出できます。また、単独の花では、やはり花自体の色彩や造形の魅力を引き出すような狙い方になります。


↓ 「ナノハナとムラサキハナナ」  ムラサキハナナ(ハナダイコンまたはショカッサイ)の群落の中に、ナノハナが咲いていました。望遠レンズでムラサキハナナをボケで扱い、主役のナノハナが浮き上がるようにしました。
e0053850_244223.jpg

  〔データ〕 PENTAX LX   75-300㍉   フジクロームベルビア(RVP) 


↓ 「ツバキ」  植物園のツバキ展で、ボリューム感あるツバキを見つけました。夕方の光線を受けて、立体的に浮き上がっていました。そこで、やや逆光で花芯の見える位置から、蕾を加えて捉えました。花の再現を良くするため、レフ(反射)板で補助光を当てています。
e0053850_2184229.jpg

  〔データ〕 PENTAX istDs2   50-200㍉   WB太陽光   RAW
[PR]

by crystal-way | 2006-03-25 02:27 | 春の花 | Comments(14)
2006年 03月 22日

AYAさんの作品(白梅)

今回の白梅の背景は、実に綺麗な青空です。フィルムの発色にもよるのでしょうが、深みがあって鮮やかな青です。そこへ、何本かの白梅の枝を取り込んでいますが、交錯することなくバランスの良い配置です。白梅を冴え冴えと見せた、なかなかの秀作だと思います。
e0053850_19545855.jpg

[PR]

by crystal-way | 2006-03-22 19:55 | 早春の花 | Comments(12)
2006年 03月 20日

ミッチーさんの作品(白梅の蕾たち)

蕾だけの白梅が一枝、雨に打たれ、雫が今にも落ちてしまいそうです・・・。まだ幼い芽生えたばかりの蕾たちにとって、早春の冷たい雨は、冷たく辛いものかも知れません。それでも、元気に耐えて、綺麗な花を咲かせる時をじっと待っている姿は、いじらしいですね。
e0053850_2217930.jpg

[PR]

by crystal-way | 2006-03-20 22:21 | 早春の花 | Comments(10)
2006年 03月 18日

タッキーさんの作品(梅一輪)

黒々とした無骨な枝に、紅一点の梅の花・・・とても印象深い作品です。暗めで整理された背景の効果もあって、梅の木の生命力が、花となって噴き出したかのようです。背景の花のボケにより、画面に抑揚が生まれました。タッキーさんらしい、個性的な作品ですね。
e0053850_2322693.jpg

[PR]

by crystal-way | 2006-03-18 02:33 | 早春の花 | Comments(10)
2006年 03月 14日

crystal-wayの作品(紅梅と白梅)

例年にない寒波で遅れていた梅の花も、ようやく満開を迎えました。クローズアップが多くなる梅ですが、花付きが多ければ、風景写真的にも撮りたくなります。この日は青空で、空抜きに撮るには格好の条件でした。晴れた日の撮影では、日中の青空や夕方の色づいた光など、条件を生かして撮りたいものです。

           ↓広角レンズで、ローアングルから奥行きを出しました
e0053850_4522830.jpg

        〔データ〕 PENTAX istDs2 / 18-55㍉  WB太陽光   RAW


  ↓夕方の光が差し込んだ背景をボカして、変化をつけました
e0053850_247050.jpg

  〔データ〕 PENTAX istDs2 / 50-200㍉  WB太陽光   RAW
[PR]

by crystal-way | 2006-03-14 02:54 | 早春の花 | Comments(22)
2006年 03月 12日

ミッチーさんの作品(白梅)

白梅の枝を一枝に絞り、捉えています。望遠レンズの大きなボケと狭い画角で、前後を大変シンプルに整理して、ポイントの枝が浮き上がりました。ボケには、白梅や紅梅と思われるボケが混じって、シンプルながら変化がつきました。
e0053850_193027.jpg

[PR]

by crystal-way | 2006-03-12 19:30 | 早春の花 | Comments(10)
2006年 03月 10日

タッキーさんの作品(スイレンの花)

温室での撮影ですが、水面の映り込みは空を思わせます。映り込みのブルーと葉のグリーンが基調の背景に、スイレンの花が引き立っています。また、背景に花の影を取り込むことで、格好なアクセントとなりました。制限の多い温室内で、状況を上手く作画に利用して、見応えのある作品となりました。
e0053850_2181024.jpg

[PR]

by crystal-way | 2006-03-10 21:08 | 温室の花 | Comments(8)
2006年 03月 07日

AYAさんの作品(紅梅)

梅や桜では、時たま、幹から直接に小枝を出し、花を咲かせていることがあります。あたかも幹が花を咲かせているかのようで、ゴツゴツ黒い木肌と花との対照が、印象的です。この作品でも、枝の伐採跡に生えた小枝の花が、太く黒い幹を背景に、明暗・質感で際立ちました。やや、背景の幹がボケ気味のため、レンズの絞りをさらに絞ってピントを深くすると、質感の対比が強まったでしょう。
e0053850_18583231.jpg

[PR]

by crystal-way | 2006-03-07 18:59 | 早春の花 | Comments(12)