フルール花写真教室

cfphoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 30日

crystal-wayの作品(マンサク)

マンサクの細かく黄色い花は、とても個性的です。ただ、撮影する場合は、捉えどころが無くてまとめにくいものです。この作品では、枝の流れを軸に、点在するマンサクの花を逆光で捉えました。暗い背景を取り込み、花の存在を強調してみました。画面の平板化を避けるため、手前の枝の花を、前ボケとして扱いました。
e0053850_1313975.jpg

   〔データ〕  ペンタックスLX  +  マクロ100㍉            フジクロームベルビア
[PR]

by crystal-way | 2007-01-30 01:37 | 早春の花 | Comments(12)
2007年 01月 28日

ミッチーさんの作品(冬牡丹)

冬牡丹の花の艶やかは魅力ですが、藁囲いに包まれた佇まいにも惹かれますね。藁という素材・屋根付の可愛い囲いには、日本の伝統を感じます。ここでは、花と藁囲いを一体と捉えて、正面から撮りました。低い位置から撮ることで、藁囲いの端正な形を表わしながら、背景をボカすことができました。
e0053850_15432348.jpg

        〔データ〕  ニコンF100 + 70~300 ㍉        フジクロームベルビア100
        
[PR]

by crystal-way | 2007-01-28 15:50 | 早春の花 | Comments(8)
2007年 01月 26日

ミントさんの作品(水鳥)

池をスイスイ泳ぐ水鳥たちは、とても気持ち良さそうです。けれど、いざ撮影するとなると大変です。動き回るためピントが合わせにくく、鳥も小さくなりがちです。ことに多く写りこむ水面の状態により、雰囲気が変わってきます。この作品では、水面の映りこみが鳥の動きによって抽象化されて、油彩のような雰囲気になりました。
e0053850_383648.jpg

   〔データ〕 キャノン EOS-1N  +  70~300㍉        フジクロームベルビア100
[PR]

by crystal-way | 2007-01-26 07:09 | 自然風景 | Comments(2)
2007年 01月 24日

タッキーさんの作品(ロウバイ)

ロウバイの花は、彩りの少ない寒中に、ほんのりとロウソクが灯ったかのようです。蝋を思わせる質感と柔らかな黄色・・、派手さはなくとも、心に残る美しさではないでしょうか。タッキーさんは、暗い背景を選び、正攻法で花を捉えました。ただし、後ろ側の花が重なり、花の輪郭がわかりにくくなったのが残念です。
e0053850_22305745.jpg

       〔データ〕 キャノン EOS-1N   +  マクロ100㍉     フジクロームベルビア100   
[PR]

by crystal-way | 2007-01-24 22:45 | 早春の花 | Comments(4)
2007年 01月 21日

crystal-wayの作品(霜の原)

初冬の高原の朝、あらゆるものに霜が付くことがあります。朝の光で照らされて霜が輝くと、植物たちがラインライトで包まれます。ここでは、レフレックス(反射望遠)レンズの特性を生かして、背景にリングボケを取り込んでみました。
e0053850_230277.jpg

  〔データ〕 ペンタックスLX  +  レフレックス500㍉         フジクロームベルビア
[PR]

by crystal-way | 2007-01-21 23:05 | 晩秋~冬景色 | Comments(16)
2007年 01月 18日

crystal-wayの作品(足跡)

以前に撮影の作品ですが、時季に合わせてアップします。厳冬の朝、霧氷を撮りに行った際に見つけました。野ウサギのものと思います。雪原に続く足跡を見ると、彼らが元気に走って行く姿が目に浮びます。凍てつく山野に暮らす、野生動物の逞しさを感じました。写真的には、広角レンズで奥行きを強調し、霧氷の付いた小枝の影をアクセントにしました。
e0053850_20515849.jpg

        〔データ〕 ペンタックスLX  +  20~35㍉       フジクロームベルビア
[PR]

by crystal-way | 2007-01-18 21:00 | 晩秋~冬景色 | Comments(16)
2007年 01月 15日

crystal-wayの作品(ロウバイと竹林)

ロウバイの樹は、さほど大きくない場合が多いようです。けれど、ココのロウバイは大きな樹で、枝を広げていました。背景の竹林との組み合わせを考え、やや離れた位置から望遠レンズで撮りました。ロウバイの枝の横線と竹の縦線で、デザイン的な面白さが出たら良いなと思います。
e0053850_0524689.jpg

         〔データ〕 ペンタックスLX  + 75~300㍉      フジクロームベルビア
[PR]

by crystal-way | 2007-01-15 00:58 | 早春の花 | Comments(12)
2007年 01月 12日

crystal-wayの作品(山茶花)

正確には初冬の花かも知れませんが、早春のカテゴリに入れました。山茶花といえば落ち着いた和風のイメージですが、ココでは明るく彩り豊かに撮ってみました。単焦点レンズのボケを生かせたと思います。
e0053850_208319.jpg

   〔データ〕 ペンタックスLX + ゾナー135㍉F3.5 ( クローズアップレンズ使用 )  フジクロームベルビア
[PR]

by crystal-way | 2007-01-12 20:14 | 早春の花 | Comments(16)
2007年 01月 09日

crystal-wayの作品(冬牡丹)

冬牡丹は、さまざまな栽培上の工夫なくしては、咲かすことができないようです。確かに、寒気の厳しいこの時期に美しい花を咲かせるのは、奇跡に近いと思います。藁囲いに囲われた姿にも風情があります。ここでは、牡丹の花びらの美しさにこだわって、花芯を中心にクローズアップしてみました。
e0053850_18165052.jpg

     〔データ〕  ペンタックス K10D + 50㍉マクロ     WB:太陽光      RAW→Jpeg   
[PR]

by crystal-way | 2007-01-09 22:01 | 早春の花 | Comments(8)
2007年 01月 06日

crystal-wayの作品(秋の名残り)

絢爛だったモミジも、隠れるように水辺に降り積もっていました。綺麗だった赤色も色あせ黒ずんで行き、痛々しくもありました。そんななか、まだ彩りを残す葉が秋の印象を残していました。
e0053850_19125498.jpg

  〔データ〕 ペンタックスMZ-3   +  90㍉マクロ          フジクロームベルビア
[PR]

by crystal-way | 2007-01-06 19:19 | 晩秋~冬景色 | Comments(10)