フルール花写真教室

cfphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2007年 07月 30日

ミントさんの作品(ハマヒルガオ)

初夏の浜辺を彩るハマヒルガオです。淡いピンク色でアサガオに形の似た花は、砂地に群生します。地面付近に咲くため、低い位置からの撮影が多くなります。

一枚目は、浜辺の風景としてまとめた作品です。手前にハマヒルガオの群生を置き、奥に岸辺の白波を入れて、浜辺の雰囲気を出しました。ただし、ピント位置を少し手前にして花をキリッと写し、水平線の傾きを取るようにカメラを調整すれば、さらに良い作品になったでしょう。
二枚目は花の群落を撮った作品です。整然とまとまった部分を切り取っていますが、ピントが浅すぎて群生の様子が伝わりません。レンズの絞りを、さらに1~2絞り程度は絞ると良いでしょう。

 【浜辺の風景】
e0053850_611426.jpg

 【花の群落】
e0053850_6122875.jpg

〔共通データ〕 キャノンEOS-1N  +  24~85㍉       フジクロームベルビア  

by crystal-way | 2007-07-30 06:25 | 初夏~夏の花 | Comments(8)
2007年 07月 25日

タッキーさんの作品(ムラサキツユクサ)

ムラサキツユクサは北米原産の園芸植物で、ムラサキツユクサ属の総称とのことです。3枚の花弁と先端が黄色いシベで、すぐにそれとわかります。この作品では、真横から撮ることで、花芯の特徴を捉えています。ふさふさした毛のようなものと、鮮やかな黄色のシベが目を引きます。背景を赤紫色のボケにして、艶やかな雰囲気の作品になりました。
e0053850_5363412.jpg

〔データ〕 キャノンEOS-1N  +  マクロ100㍉      フジクロームベルビア

by crystal-way | 2007-07-25 05:56 | 初夏~夏の花 | Comments(8)
2007年 07月 21日

古代蓮の花(組写真でテーマを追求~台風と古代蓮~)

花の写真といえば、美しさの表現が多くなりますね。けれど、時には違うテーマを表現してみましょう。組写真は、単写真では伝わらないことを、複数の写真で伝えます。言わば、同じテーマを異なる映像で表現して、相乗効果により深く伝える手法です。今回は、台風通過で翻弄される古代蓮を、二枚の写真で組んでみました。

一枚目は、強風で大きく煽られる古代蓮を狙いました。風のピークで多くの葉が裏返った瞬間を捉えました。
二枚目は、強風に散らされた花びらと裸になった花芯を狙いました。黄色いシベまでもぎ取られて、痛々しくもありました。

 【強風で煽られる古代蓮】
e0053850_21144654.jpg

 【強風に散らされた花びらと花芯】
e0053850_2116478.jpg

〔共通データ〕 ペンタックスK10D  +  18~55㍉     WB:太陽光      Jpeg

by crystal-way | 2007-07-21 21:23 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(10)
2007年 07月 17日

古代蓮の花(メインとサブを交代してみる~手前の蕾VS奥の花~)

望遠系レンズの撮影で、手前と奥の素材を組み合わせることがあります。花と花、花と蕾などの組み合わせですが、メインとサブを交代で撮るには、作画上どんなことに気をつけたら良いでしょうか。あくまでメインの方を目立つようにする前提で、蓮の花と蕾の作例を撮ってみました。

一枚目は、奥の花をメイン(手前の蕾をサブ)で扱いました。レンズの絞りを開いて蕾をボカしながら画面下方に寄せ、存在感を弱めました。
二枚目は、手前の蕾をメイン(奥の花をサブ)にしました。レンズの絞りを開いて奥の花をボカしつつ、ズームで蕾を少しアップし中央に寄せました。さらに、奥の花を左上に寄せて、一部分をカットして弱めました。

        【奥の花をメイン(手前の蕾をサブ)】
e0053850_21384346.jpg

        【手前の蕾をメイン(奥の花をサブ)】
e0053850_21393371.jpg

      〔共通データ〕 ペンタックスK10D + 50~200㍉   WB:太陽光   Jpeg  

by crystal-way | 2007-07-17 21:47 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(12)
2007年 07月 14日

古代蓮の花(撮影ポジションを考える~配置のウェルバランス~)

絵作りにあたり、複数の花を画面に配置することがあります。その際に、撮影ポジションの違いで、配置のバランスが大きく変わるのをご存知でしょうか。
今回は、3輪の蓮の花による絵作りで、ほんの1㍍のカメラ位置の違いでどう結果が変わるか、作例をご覧ください。

一枚目は、最初のカメラ位置から3輪の蓮の花で絵作りしようとしたものです。メインの中央の花は良いものの、左側の花はメインに近すぎ、右側の花は遠すぎました。この位置関係は、レンズ交換などでは解決しません。
二枚目は、1㍍ほどカメラ位置を左へ移動し、ズームで少しアップしたものです。メインの花を強調でき、左右の花の大きさや距離感が適度になりました。
このように、カメラ位置は絵作りに大きくかかわります。撮影にあたっては、最適な位置を吟味する必要があります。

 【最初のカメラ位置】
e0053850_16532733.jpg

 【1㍍ほど左へ移動】
e0053850_16552756.jpg

〔共通データ〕 ペンタックスK10D  +  50~200㍉      WB:太陽光     Jpeg

by crystal-way | 2007-07-14 17:02 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(10)
2007年 07月 13日

古代蓮の花(カメラアングル再考~ハイアングルVS水平アングル)

蓮のように立体的な花の場合、撮影のアングルによって異なる花姿を見ることができます。今回は、同じ花をアングルを変えて撮影してみました。

一枚目は、ハイアングル(俯瞰)から撮ったものです。花芯は完全に覗けますが、花びらの重なる様子はあまり見えません。ここでは、広角系レンズで背後の大きな葉を取り込み、花との組み合わせで絵作りしました。
二枚目は、水平アングルで真横から狙いました。花芯はまったく見えませんが、花びらが重なって花が形作られている様子が捉えられ、蓮らしい花姿です。ここでは、望遠系レンズで花を浮き上がらせ、背後の花と実をボケで加えました。

 【ハイアングル(俯瞰)から撮影】
e0053850_09327.jpg


 【水平アングルで撮影】
e0053850_011739.jpg

〔データ〕 ペンタックスK10D  WB:太陽光  Jpeg   一枚目18-55㍉ ・ 二枚目50-200㍉使用 

by crystal-way | 2007-07-13 00:23 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(4)
2007年 07月 09日

ミントさんの作品(アジサイ)

艶やかなピンク色のアジサイですが、落ち着いた背景でシットリした雰囲気になりました。グレートーンに明るいボケを加えて、上手く背景をつくりました。
e0053850_204663.jpg

〔データ〕 キャノンEOS-1N   +  マクロ90㍉        フジクロームベルビア 

by crystal-way | 2007-07-09 02:01 | 初夏~夏の花 | Comments(4)
2007年 07月 05日

カワラナデシコ(ねらいで撮り分ける~造形美VS佇まい)

一株の中に多くの花が咲いていたら、どう撮ろうか迷うことがあります。ただ、花数を多く入れ込んでも、どんなねらいで撮ったのか、観賞者には伝わりません。
撮影する側が、花の観察の中から、はっきりしたねらいを見出して絵作りすることで、観賞者に伝わる作品となります。

今回は、一株のカワラナデシコの花の中から、ねらいの異なる作品を撮ってみました。
一枚目は、花の造形美をねらいとして、出来るだけハイアングルから花の集合を撮りました。
二枚目は、楚々と咲く花の佇まいをねらいとして、花と同じ高さから咲き継ぐ様子を撮りました。

 【花の造形美をねらう】
e0053850_20471223.jpg


 【花の佇まいをねらう】
e0053850_20482185.jpg

 〔共通データ〕 ペンタックスK10D  +  50~200㍉       WB:太陽光      Jpeg
 

by crystal-way | 2007-07-05 20:54 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(6)
2007年 07月 03日

ノカンゾウの花(カメラアングルを考える~表花VS後ろ花)

一輪の花でも、カメラアングルの違いで、まったく異なった表情を見せることがあります。花によっては、同じ花と思えないほど異なります。どのカメラアングルからどんな表情を捉えるか、撮影者の判断に委ねられています。今回は、ノカンゾウを例に違いをご覧ください。

一枚目は、ハイアングル(高い位置から見下ろすアングル)からの撮影。人の目線から見たときの花の表情です。順光線で、シベを中心にした花びらの広がりや、花びらの表面の模様がわかります。言わば、花の表の表情です。
二枚目は、ローアングル(低い位置から見上げるアングル)から撮影した場合。人で言えば、膝のあたりから見た花の表情です。透過光により、花全体のフォルムが浮き上がって見えます。言わば、花の後ろの表情です。

  【ハイアングルから撮影】
e0053850_634648.jpg

  【ローアングルから撮影】
e0053850_644490.jpg

〔共通データ〕 ペンタックスK10D  +  50~200㍉       WB:太陽光      Jpeg

by crystal-way | 2007-07-03 06:17 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(4)