<   2009年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 30日

乗鞍の印象【天空に向って】2/4[crystal-wayの作品]

e0053850_624192.jpg

乗鞍高原のような寒冷地では、湿原に水深の浅い池があります。池にはミツガシワが多く見られ、水中からたくさんの葉を伸ばしています。おりしも、水鏡となった水面が、葉の姿を描き出していました。そこには、天空(=太陽)に向おうとする強い意思があるかのようでした。

〔データ〕 ペンタックスMZ-S   +   70~300㍉       フジクロームベルビア(ISO50)使用

by crystal-way | 2009-06-30 06:34 | 自然風景 | Comments(0)
2009年 06月 27日

乗鞍の印象【静寂】1/4[crystal-wayの作品]

e0053850_2272161.jpg

6月の乗鞍高原での作品です。乗鞍岳の山腹に広がる草原や森林、池沼群や滝により構成された一帯では、変化に富んだ景観が見られます。その乗鞍高原で印象に残った光景を、タイトルとともにご覧ください。
この作品は、早朝、沼のほとりで対岸を撮ったものです。風のない穏やかな朝、樹林とそれを映す水面は、時が止まったかのごとく静けさに満ちていました。

〔データ〕 ペンタックスMZ-S   +   70~300㍉       フジクロームベルビア(ISO50)使用

by crystal-way | 2009-06-27 22:33 | 自然風景 | Comments(2)
2009年 06月 23日

ハナショウブの撮り方(佇まいを捉える)/crystal-wayの作例

e0053850_113589.jpg

ハナショウブの特徴である長い茎や葉は、流麗なフォルムで特有な雰囲気を醸し出します。花だけでなく、全体のフォルムを活かした絵柄も撮ってみましょう。その場合の注意点として、濃い緑色の茎や葉を浮き上がらせる工夫が必要です。①遠い背景を選び望遠レンズでボカす、②明るめで色が均一な背景を選ぶ、③ハナショウブの茎や葉が重ならない角度からねらう、などの工夫をしてみましょう。

〔データ〕 ペンタックスMZ-S  +  ソフト90㍉ (2倍テレコンバーター使用)   フジクロームベルビア(ISO50)

by crystal-way | 2009-06-23 01:38 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(2)
2009年 06月 20日

ハナショウブの撮り方(花模様をねらう)/crystal-wayの作例

e0053850_952466.jpg

ハナショウブの花には、さまざまな色や模様があります。また、花弁も、シンプルなものから八重のものまで変化に富んでいます。そうした花の美しさや特徴を表現するには、やや俯瞰ぎみに花模様をとらえると良いでしょう。同時に、背景を出来るだけシンプルに整理すると、一層、花が引き立ちます。なお、作例では、花のシットリ感を損なわないよう、ソフトレンズを使用しています。

〔データ〕 ペンタックスMZ-S  +  ソフト90㍉ (2倍テレコンバーター使用)   フジクロームベルビア(ISO50)
 

by crystal-way | 2009-06-20 09:32 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(0)
2009年 06月 16日

アジサイの撮り方(群落をまとめる)/crystal-wayの作例

e0053850_21283059.jpg

アジサイの花が群落となっている場合、できるだけ多くの花を取り込んで、スケールのある写真にまとめたいものです。けれど、ただ多くの花を取り込むだけでは、まとまりを欠いてしまいます。画面内の花の群落を何ブロックかに分けて、遠近法(近景・中景・遠景など)に沿って配置すると、まとめやすくなります。そのブロック分けのポイントになるのが、光(明暗差)、色(明色⇔暗色、補色)、大きさ(大⇔小)、形(丸⇔ガク)などの違いです。この作例でも、明暗差を軸に色や大きさの違いを加えて、ブロック分けして画面構成しています。

〔データ〕 ペンタックスLX   +   70~210㍉       フジクロームベルビア(ISO50)使用

by crystal-way | 2009-06-16 21:59 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(0)
2009年 06月 12日

アジサイの撮り方(ガクアジサイの魅力)/crystal-wayの作例

e0053850_23475320.jpg

日本原産のガクアジサイは、花を取り巻くガクが特徴です。西洋アジサイの豪華さとは対照的に、清楚で控えめな風情が、いかにも和風の花です。この花の魅力は、ガクの造形や控えめな花の彩りです。撮影に当たっては、ガクの形や配列が綺麗で、花全体のバランスの良いものを選ぶようにします。また、出来るだけ多くのガクにピントを合わせると、花の印象が強まります。

〔データ〕 キャノンEOS Kiss X2   +   55~250㍉     WB:太陽光       JPEG

by crystal-way | 2009-06-12 23:48 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(2)
2009年 06月 10日

アジサイの撮り方(色彩とボケを活用)/crystal-wayの作例

e0053850_171657.jpg

西洋アジサイは、花のボリュームがあり、花色も豊富です。この種類のアジサイでは、色を対比して強調したり、前後のアジサイで花園の奥行きを出す撮り方ができます。この作例でも、背景の青いアジサイのボケと対比して、ピンク色を引き立てています。また、手前のピンク色のアジサイを前ボケに、背景の青いアジサイを後ボケにして、花の空間を感じるようにしました。

〔データ〕 キャノンEOS Kiss X2   +   55~250㍉     WB:太陽光       JPEG

by crystal-way | 2009-06-10 01:30 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(0)
2009年 06月 06日

梅雨の走り(crystal-wayの作品)

e0053850_10165846.jpg

本格的な梅雨はまだ先なのに、幾日もぐずついた天気が続きました。雨天の花撮りは楽ではありませんが、慈雨に生き生きする草花が心を和ませてくれます。花が咲き始めたガクアジサイも、天の恵みを喜んでいるかのようでした。

〔データ〕 キャノンEOS Kiss X2   +   55~250㍉     WB:オート       JPEG

by crystal-way | 2009-06-06 10:34 | 初夏~夏の花 | Comments(0)