フルール花写真教室

cfphoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 26日

涼風【夏の湿原3/4】(crystal-wayの作品)

e0053850_20235485.jpg

湿原には、幾多の池(池塘)が点在しています。その水面は、季節により天候により時刻により、さまざまに表情を変えます。この時には、夏空を映じて青い水面が広がり、渡る風がうねるように波紋を描いていました。打ち寄せる波紋にたゆたう、オゼコウホネ(尾瀬河骨)の黄色い花が印象的でした。

〔データ〕 ペンタックスLX   +   70~210㍉        フジクロームベルビア(ISO50)使用
[PR]

by crystal-way | 2009-08-26 20:45 | 自然風景 | Comments(2)
2009年 08月 21日

花園【夏の湿原2/4】(crystal-wayの作品)

e0053850_2281830.jpg

短い夏の間、山上の湿原がお花畑となり、憩いの空間になります。広い湿原を歩きながら花を愛でるのも、心地良いものです。さらに条件が許せば、湿原の傍らで横になり大空や草花を眺めるのは、この上ない贅沢です。空の広さや雲の大きさを感じ、色とりどりな花の競演に目を楽しませ、そよ風を肌で感じたり、鳥たちのさえずりに耳を傾けたり、自然が息づくのを五感で感じ取れます。それに、花を訪問する虫たちに出会うことができます。

〔データ〕 ペンタックスLX   +   70~210㍉        フジクロームベルビア(ISO50)使用
[PR]

by crystal-way | 2009-08-21 23:03 | 自然風景 | Comments(2)
2009年 08月 17日

朝霧【夏の湿原1/4】(crystal-wayの作品)

e0053850_22225338.jpg

♪夏が来れば思い出す~♪、あの歌詞のように、夏になると尾瀬などの湿原を思い出します。春や秋の湿原の良さもありますが、夏ならではの美しい緑や花の光景が心に残っています。湿原の朝は、辺りを朝霧が覆い、水墨画を観るかのようです。樹々の濃淡が風景の奥行きを描き出し、流れる霧が自然の動きを感じさせます。けれど、この幽玄な朝霧も、朝日が射し込むと同時に瞬く間に消え去ってしまいます。

〔データ〕 コンタックスRX  +   80~200㍉       フジクロームベルビア(ISO50)使用
[PR]

by crystal-way | 2009-08-17 00:32 | 自然風景 | Comments(0)
2009年 08月 12日

葉を背景に活かす(ヒデさんの作品)

①葉脈を活かす
e0053850_2033935.jpg

②輪郭線をボケで活かす
e0053850_2055040.jpg


〔共通データ〕 ソニーデジタル一眼  +   望遠ズームレンズ      WB:太陽光      JPEG

蓮などの花を撮る場合、背景にあるものを活かして、雰囲気を高めたいものです。この作品のように、背景が単純な葉であっても、上手く取り込むことで蓮らしさが出てきます。ことに、葉脈や輪郭線などのラインは、目立つだけに注意が必要です。①の作品では、花の向きと葉脈の広がりを一致させて、空間を演出しています。②の作品では、波打つ輪郭線を重ねて、蕾だけで画面が単調になるのを防いでいます。
[PR]

by crystal-way | 2009-08-12 20:30 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(0)
2009年 08月 08日

初夏好日(マサちゃんの作品)

e0053850_10584499.jpg

ハナショウブの作品と言えば、雨模様や曇りの天候が向いていると言われます。それは、柔らかい光が花を繊細に描き、雨粒が梅雨時を物語るからでしょう。けれど、この作品は正反対な青空の下で撮影されているにもかかわらず、初夏の爽やかな空気を感じさせてくれます。それは、ハナショウブ群落・濃淡の緑・雲を抱く青空が、バランス良く安定した絵を創り上げているからだと思います。技法上も、広角系レンズによる的確な遠近強調や紫・緑・青の色彩対比が上手く使われています。

〔データ〕 ニコンデジタル一眼  +   18~200㍉(18㍉側を使用 )   WB:太陽光     JPEG  
[PR]

by crystal-way | 2009-08-08 11:01 | 初夏~夏の花 | Comments(0)
2009年 08月 05日

群青色な装い(マサちゃんの作品)

e0053850_18415529.jpg

紫陽花の花は、咲いている間に色が変化し、「七変化」と呼ばれることもあるようです。そのため花言葉は「移り気」とか。しかしながら、この紫陽花は綺麗な群青色をしており、仮初めの姿にしてはお見事です。良く見れば、次の装いのピンク色が出てきて、さらに彩りを美しく見せています。写真的には、重めな群青色をカラフルで明るい背景に抜き、色彩の対比と明暗の対比で、一層美しく引き立てています。

〔データ〕 ニコンデジタル一眼   +   望遠ズームレンズ    WB:太陽光     JPEG
[PR]

by crystal-way | 2009-08-05 18:45 | 初夏~夏の花 | Comments(0)