フルール花写真教室

cfphoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 26日

燃えるがごとく(crystal-wayの作品)

e0053850_0524644.jpg

ヒガンバナの花は、一度見たら、その特異な形や鮮烈な色合いに驚くでしょう。そして、秋の彼岸前後を狙ったかのように一斉に開花し、辺りを赤く染め上げるのも、強固な意思があるかのようです。この花が宿す情念のような強さを、燃えるような背景で表現してみました。

〔データ〕 キャノンEOS Kiss X2   +   55~250㍉     WB:太陽光       JPEG
[PR]

by crystal-way | 2009-09-26 00:54 | 秋の花 | Comments(0)
2009年 09月 23日

初秋の彩り(crystal-wayの作品)

e0053850_143875.jpg

夏が終わり秋に向う彼岸の頃、ヒガンバナはニョキニョキと茎を伸ばし、瞬く間に赤い花を咲かせます。その色は真紅と朱色を混ぜたようでもあり、目に焼きつきます。花の特異な形と強い色を、一輪の花に託して撮影しました。背景に、ヒガンバナの茎の黄緑色を取り込んでみました。

〔データ〕 キャノンEOS Kiss X2   +   55~250㍉     WB:太陽光       JPEG
[PR]

by crystal-way | 2009-09-23 01:18 | 秋の花 | Comments(0)
2009年 09月 22日

ヒガンバナ群生(crystal-wayの作品)

e0053850_8362736.jpg

例年、見事なヒガンバナの群生が見られる、埼玉県日高市巾着田での撮影です。今年のヒガンバナも、林床一面を赤く染め上げていました。こうした広がりのある空間を撮影する場合、光線状態に注意が必要です。晴れて木漏れ日の多い条件では、陰日向がモザイクとなって煩雑になります。また、色再現も明暗差で激しく変化します。そこで、夕方近くで光線が和らぐ時間帯に撮るとか、木立を取り入れ花のない空間を活かすなど、画面をまとめる工夫が必要になります。

〔データ〕 キャノンEOS KissX2   +  18~55㍉IS      WB:太陽光     JPEG  
[PR]

by crystal-way | 2009-09-22 08:59 | 秋の花 | Comments(2)
2009年 09月 01日

ちぎれ雲【夏の湿原4/4】(crystal-wayの作品)

e0053850_22391180.jpg

湿原にいると、空の広さや高さを全身で感じることができます。そして広大な空は、さまざまな雲が現れては消える舞台のようです。風のない日には、綿菓子のような雲がノンビリ浮かんでいます。天気が下り坂になると、低い雲が勢力を広げ、青空に灰色のカーテンを引いて行きます。風が強くなると丸みのある雲がささくれて、箒で掃くように枝を広げて行きます。写真の時は、突然の強風にあおられて、ちぎれ雲が広がって行くようでした。

〔データ〕 ペンタックスLX   +   20~35㍉        フジクロームベルビア(ISO50)使用
[PR]

by crystal-way | 2009-09-01 22:40 | 自然風景 | Comments(0)