フルール花写真教室

cfphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 29日

早春の兆し(crystal-wayの作品)

e0053850_718179.jpg

ウメの開花は、まだ先と思っていました。しかし温暖化の影響でしょうか、早咲きのウメの花がほころんでいました。これまでの12月~1月頃のウメは、蕾を硬く閉ざして春の訪れを待っているようでした。これからは、早咲きのものから咲き出して、開花期が長くなるかも知れません。それでも、寒中にウメの花を目にすると、ホッと気持ちが和みます。これからも咲き続けて欲しいものです。

〔データ〕 キャノンEOSKiss X3  +  タムロン90㍉マクロ   WB:オート   JPEG   撮影地:小石川植物園

by crystal-way | 2010-12-29 06:25 | 早春の花 | Comments(2)
2010年 12月 26日

寒椿の季節(crystal-wayの作品)

e0053850_744712.jpg

紅葉が散り去ってしまい、宴が終わったかのような寂しさを感じます。そんな気持ちを慰めるかのように、あちこちでサザンカが咲き、更にカンツバキも咲き始めました。サザンカと似たカンツバキ(寒椿・ツバキ科)ですが、黄色い花芯がしっかりして、葉も色濃く光沢があります。これから、冬場の貴重な花として、目を楽しませてくれそうです。

〔データ〕 キャノンEOSKiss X3  +  タムロン90㍉マクロ   WB:オート   JPEG   撮影地:埼玉県川口市

by crystal-way | 2010-12-26 07:48 | 初冬~冬の花 | Comments(0)
2010年 12月 24日

流されて…惜秋(crystal-wayの作品)

e0053850_1194868.jpg

はらはらと舞い落ちた紅葉たちには、地面に降り積ったものもあれば、水流に身を任せたものもあります。水流に運ばれたものは、いつしか同じ所に積み重なり、秋の名残りとなります。澄んだ冷たい流れほど秋色を留めますが、その落ち葉の姿は痛々しくもありました。

〔データ〕 キャノンEOSKiss X3  +  タムロン18~270㍉ Di II VC PZD    WB:オート   JPEG   撮影地:小石川後楽園

by crystal-way | 2010-12-24 01:55 | 晩秋~冬景色 | Comments(0)
2010年 12月 20日

コケの褥(しとね)に抱かれて(crystal-wayの作品)

e0053850_22305021.jpg

身を焼かれるほどに暑かった猛暑を乗り切り、枯れずに使命を全うした木の葉たちにも、役割を終える時が来ました。はらはらと舞い落ちた先は、コケのベッドです。イタヤカエデの大きな葉の周りにケヤキやイロハモミジが散りばめられて、それぞれの姿形を美しく留めていました。

〔データ〕 キャノンEOSKiss X3  +  18~55㍉   WB:オート   JPEG    撮影地:殿ヶ谷戸庭園

by crystal-way | 2010-12-20 23:07 | 晩秋~冬景色 | Comments(0)
2010年 12月 19日

初冬の水面(crystal-wayの作品)

e0053850_13493033.jpg

その日は、小春日和の陽射しが水面を照らし、キラキラまばゆい光が葦を包んでいました。クールで乾いた光には夏の強さは無く、冷たくも穏やかな光景でした。この光の感覚を表わすために、ホワイトバランスを変えて撮ってみました。

〔データ〕 ペンタックス istDS2  +   50~200㍉     WB:マニュアル    JPEG     撮影地:河口湖 

by crystal-way | 2010-12-19 13:53 | 晩秋~冬景色 | Comments(0)
2010年 12月 15日

“花かんざし”のように(crystal-wayの作品)

e0053850_21412217.jpg

花が開き切らないサザンカは、ツバキの花を見るようです。艶やかな赤色と黄色いシベ、それに厚く光沢のある葉が、気品を感じさせます。その一枝一枝が完成された美しさを持ち、日本髪に挿す“花かんざし”を想いました。蕾の枝は少女に、花の枝は大人の女性に、その結い髪を引き立ててくれそうです。

〔データ〕 キャノンEOSKiss X3  +  タムロン90㍉マクロ   WB:太陽光   JPEG   撮影地:亀戸中央公園

by crystal-way | 2010-12-15 21:12 | 初冬~冬の花 | Comments(0)
2010年 12月 13日

サザンカ和み色(crystal-wayの作品)

e0053850_23433477.jpg

紅葉が舞い散り、落ち葉も色変わりして、冬景色へと変わってきました。そんななか、温かみのある色の花が咲いています。サザンカの仲間で、赤やピンク色それに白色の花が咲いています。この時季、冬枯れの進行で寂しい心を、サザンカの花色が和ませてくれます。

〔データ〕 キャノンEOSKiss X3  +  タムロン90㍉マクロ   WB:太陽光   JPEG   撮影地:亀戸中央公園

by crystal-way | 2010-12-13 00:49 | 初冬~冬の花 | Comments(2)
2010年 12月 10日

名残り秋

e0053850_22484346.jpg

落葉樹が葉を散らすほどに、景色の彩りが失われます。あとには、木肌色や枯れ草色が広がり、初冬の景色へと変わって行きます。このススキ原にはモミジの紅葉がありましたが、すっかり枝だけになってしまいました。唯一、マユミ(ニシキギ科)の赤い葉とピンク色の実が、秋の名残りを留めていました。

〔データ〕 キャノンEOSKiss X3  +  タムロン90㍉マクロ   WB:オート   JPEG   撮影地:板橋区内

by crystal-way | 2010-12-10 23:26 | 晩秋~冬景色 | Comments(0)
2010年 12月 08日

落ち葉のプロムナード(crystal-wayの作品)

e0053850_25885.jpg

過ぎ行く秋を物語るように、あちこちで落葉が進んでいます。こちらの庭園でも、イチョウやサクラやモミジの落ち葉が、いたるところで積もっていました。敷石のある散策路も、落ち葉で化粧されて、軽やかなプロムナードになっていました。

〔データ〕 キャノンEOSKiss X3  +  18~55㍉   WB:オート   JPEG    撮影地:旧古河庭園

by crystal-way | 2010-12-08 07:05 | 晩秋~冬景色 | Comments(2)
2010年 12月 05日

紅色に包まれて(crystal-wayの作品)

e0053850_21331351.jpg

カエデの紅葉とは異なる、深い紅(くれない)色で目を引くのがニシキギ(錦木・ニシキギ科)です。こじんまりした低木ですが、紅葉の見事さで、モミジ・スズランノキとともに世界三大紅葉樹のひとつです。そんなニシキギの紅葉が夕陽に照らされ、あたりは紅色の光に包まれました。

〔データ〕 キャノンEOSKiss X3  +  55~250㍉   WB:オート   JPEG    撮影地:板橋区内

by crystal-way | 2010-12-05 21:34 | 紅葉 | Comments(2)