<   2011年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 30日

秋桜とセセリチョウ(crystal-wayの作品)

e0053850_2120574.jpg

コスモス(キク科)は秋を代表する花です。“秋桜”の別名があるように、春の桜に比肩できる秋の代表花です。撮影地の昭和記念公園でも、早咲きが咲いていましたが、大型台風の襲来でかなり倒されてしまいました。また、害虫による被害も目立っていました。10月に入り、遅咲きの大群落には、無事に咲き揃って欲しいものです。

〔データ〕ソニーNEX-3 + DT55-200ミリF4-5.6 SAM  +  LA-EA1アダプター(α→NEX)  WB:太陽光  JPEG  撮影地:昭和記念公園

by crystal-way | 2011-09-30 21:55 | 秋の花 | Comments(0)
2011年 09月 27日

秋風情(ホトトギス)/crystal-wayの作品

e0053850_2211941.jpg

ホトトギス(杜鵑草・ユリ科)の花は、全体にわたって紫色の斑紋が見られ、シベが独特な形をしています。この斑紋が、鳥のホトトギスの胸毛の班紋に似ていることから、命名されたようです。茶花として他の花と茶室に飾られ、侘びの雰囲気に一役買うこともあるとか。そんな渋い秋の花ですが、この個体では花弁が青味がかり、新たな秋の風情を漂わせていました。

〔データ〕ソニーNEX-3 + タムロンSP90ミリF2.8マクロ +  LA-EA1アダプター(α→NEX)   WB:太陽光  JPEG  撮影地:浜離宮恩賜庭園

by crystal-way | 2011-09-27 22:02 | 秋の花 | Comments(0)
2011年 09月 25日

軽やかに秋色(ヒガンバナ)/crystal-wayの作品

e0053850_3353296.jpg

ヒガンバナ(彼岸花・ヒガンバナ科)の花は、秋の彼岸の頃に決まったように咲き、初秋を色鮮やかに告げます。まとまって咲くことや、周りの緑の反対色であることもあり、軽く爽やかな印象に撮りにくい花でもあります。この写真では、明るい背景を選び全体に明るく仕上げることで、色彩を軽やかにしました。花色の濃さや背景の明るさで、受ける印象を変えることができます。

〔データ〕ソニーNEX-3 + DT55-200ミリF4-5.6 SAM  +  LA-EA1アダプター(α→NEX)  WB:太陽光  JPEG  撮影地:浜離宮恩賜庭園

by crystal-way | 2011-09-25 06:00 | 秋の花 | Comments(2)
2011年 09月 22日

造形美(ヒガンバナ)/crystal-wayの作品

e0053850_21135183.jpg

ヒガンバナの花は、鮮やかな赤色で目を引きます。さらに良く見ると、その造形は見事なものです。中心の半球状を呈するのは細く反り返った花弁で、いくつかの花が寄り添って半球を形造っています。その周囲を取り巻くように、細長いシベが反りながら囲みます。出来上がった造形は、ヒガンバナ類(リコリス類)独特のもので、この花の印象を決定付けています。

〔データ〕ソニーNEX-3 + DT55-200ミリF4-5.6 SAM  +  LA-EA1アダプター(α→NEX)  WB:太陽光  JPEG  撮影地:小石川植物園

by crystal-way | 2011-09-22 21:15 | 秋の花 | Comments(0)
2011年 09月 19日

初秋の使者(ヒガンバナ)/crystal-wayの作品

e0053850_18112971.jpg

どんなに猛暑でも、9月に入れば遠からず秋になる…そんな希望が切実となった今年の夏です。未だに30度を超える毎日ですが、ヒガンバナ(彼岸花・ヒガンバナ科)は、暦を指折り数えているかのように芽を伸ばして来ました。例年、秋の彼岸の中日(9月23日)を開花期の中心に咲きますが、今年も数日遅れで咲き揃うようです(巾着田の状況)。写真は、植物園で咲き始めの花を、緑を背景に撮ったものです。まだ緑の綺麗なこの時期、ヒガンバナの赤色は良く映えて目立ちます。

〔データ〕ソニーNEX-3 + DT55-200ミリF4-5.6 SAM  +  LA-EA1アダプター(α→NEX)  WB:太陽光  JPEG  撮影地:小石川植物園

by crystal-way | 2011-09-19 18:13 | 秋の花 | Comments(0)
2011年 09月 17日

羽模様(ヒメアカタテハ)/crystal-wayの作品

e0053850_546180.jpg

ヒメアカタテハ(姫赤立羽・タテハチョウ科)は、南極大陸を除く世界各地に広く分布するチョウで、日本でも北海道から沖縄までの都市周辺から高原にまで、広く分布します。言わばありふれたチョウながら、“タテハチョウ類屈指の美麗種”の名に違わない羽模様を見せていました。チョウに対し上から見た模様が表側なら、こちらは裏側です。その色模様に、自然の創り出す芸術を見た思いです。

〔データ〕 キャノンEOSKiss X3 +  55~250㍉  WB:太陽光   JPEG    撮影地:小石川植物園

by crystal-way | 2011-09-17 05:50 | 昆虫 | Comments(0)
2011年 09月 13日

初秋晴れやか(コスモス)/crystal-wayの作品

e0053850_20313187.jpg

その日は、日差しの強さを残しながらも、吹く風は秋の肌触りでした。穏やかな青空にゆったりと雲が流れ、コスモスの花がのんびりと咲いています。長く辛い猛暑の日々を耐えてきて、こうして穏やかなコスモス風景に出合えました。これからは、心待ちにしてきた秋の花々や風景に出合えます。

〔データ〕ソニーNEX-3 +  E18-55ミリ   WB:太陽光   JPEG   撮影地:昭和記念公園

by crystal-way | 2011-09-13 20:33 | 秋の花 | Comments(0)
2011年 09月 11日

太陽に向かって(コスモス)/crystal-wayの作品

e0053850_1301423.jpg

日中は30度を超える日が続いていますが、朝は凌ぎやすいこの頃です。ヒガンバナの芽もすくすく育ち、一足先に早咲きのコスモスが開花しました。9月~10月にかけて、昭和記念公園のコスモスは、広い原っぱと花の丘に咲き乱れます。それに先立ち、早咲きの“ハッピーリング”が初秋の到来を告げていました。晩夏を思わせる太陽に向かって、咲き競う姿が頼もしげでした。

〔データ〕ソニーNEX-3 +  E18-55ミリ   WB:太陽光   JPEG   撮影地:昭和記念公園

by crystal-way | 2011-09-11 13:02 | 秋の花 | Comments(0)
2011年 09月 08日

色づく秋(コムラサキ)/crystal-wayの作品

e0053850_20474950.jpg

台風も過ぎて、朝の涼しさや日中の凌ぎやすい暑さにも、秋の気配を感じます。丸い実をたくさん付けたコムラサキ(小紫・クマツヅラ科)にも、秋が訪れていました。秋色は、根元から枝先へ向かって、実を染め上げて行きます。遠からず、たわわに付いた実が紫色に輝いて、初秋の彩りを楽しませてくれるでしょう。

〔データ〕ソニーNEX-3 + DT55-200ミリF4-5.6 SAM  +  LA-EA1アダプター(α→NEX)  WB:太陽光  JPEG  撮影地:板橋区内

by crystal-way | 2011-09-08 20:50 | 結実 | Comments(0)
2011年 09月 06日

シュウカイドウ(秋海棠)/crystal-wayの作品

e0053850_0495528.jpg

秋口に入り、やや湿った林の下生えなどに、綺麗なピンク色の花を見かけます。いわゆる温室植物の定番であるベゴニアに似たシュウカイドウ(秋海棠・シュウカイドウ科)です。同じシュウカイドウ属(ベゴニア属)同士ですが、シュウカイドウは、江戸時代初期に日本に持ち込まれ園芸用として栽培されたもので、古くから定着しています。近年持ち込まれた各種のベゴニアには、含めない扱いです。花は雌雄同株で、雄花は花弁が開き黄色く球状のオシベが見えるもの、雌花はピンク色の平たいガクに挟まれています。

〔データ〕ソニーNEX-3 + DT55-200ミリF4-5.6 SAM  +  LA-EA1アダプター(α→NEX)  WB:太陽光  JPEG  撮影地:川口市内

by crystal-way | 2011-09-06 06:00 | 秋の花 | Comments(0)