<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2012年 08月 28日

夏草に映えて(コオニユリ)/crystal-wayの作品

e0053850_20545047.jpg

コオニユリ(小鬼百合・ユリ科)の花は、夏の高原などで良く目にします。草原から抜き出た茎にオレンジ色の花を咲かせて、美しさを競っています。オレンジ色に黒点を散りばめて、ゴージャスでありながら、美しい姿形にまとまっています。都内の公園でも見れることがあり、嬉しい限りです。

〔データ〕ソニーNEX-3  +  タムロンSP90ミリF2.8マクロ  +   LA-EA1アダプター(α→NEX)     絞り優先オート   F3.5    WB:太陽光    JPEG    撮影地:板橋区内

by crystal-way | 2012-08-28 20:30 | 初夏~夏の花 | Comments(0)
2012年 08月 25日

夏の水辺(イトトンボ)/crystal-wayの作品

e0053850_10291462.jpg

強い日差しが池の水面で反射し、水辺といえど猛暑から逃れられません。けれど、木陰の草むらでは、命を繋ぐイトトンボたちの姿がありました。シオカラトンボなどの大きいトンボが優勢な池にあって、イトトンボの個体数は少なく、生きるのが大変に思います。頑張って世代を繋いで欲しいものです。

〔データ〕 ソニーNEX-C3 + コシナ100ミリF3.5マクロ(ミノルタMDマウント) + アダプター(MD→NEX)  絞り優先オート   F4   WB:太陽光    JPEG    撮影地:板橋区内

by crystal-way | 2012-08-25 09:30 | 昆虫 | Comments(0)
2012年 08月 21日

昆虫の視線で(スイレン)/crystal-wayの作品

e0053850_19344940.jpg

同じスイレンの花でも、離れて見るのと、昆虫の視点にまで近寄って見るのでは、花の見え方が違います。近寄ることで、多くの場合、新しい発見やインパクトを得られるものです。このスイレンの場合も、近寄れる条件を活かして、昆虫が降り立つような気持ちで撮りました。そこには、離れていてはわからない立体的な造形美がありました。

〔データ〕 ソニーNEX-C3 + コシナ100ミリF3.5マクロ(ミノルタMDマウント) + アダプター(MD→NEX)  絞り優先オート   F9   WB:太陽光    JPEG    撮影地:板橋区内

by crystal-way | 2012-08-21 19:36 | 花・自然の造形 | Comments(0)
2012年 08月 17日

眼に涼し桔梗色(キキョウ)/crystal-wayの作品

e0053850_19334587.jpg

キキョウ(桔梗・キキョウ科)の花は、夏の庭先でいつも咲いていた気がします。それは昔日の思い出かも知れません。万葉集に登場するほどに、いにしえから身近に咲いてきたキキョウですが、減り続けて絶滅危惧種に指定されています。ひと時、夏の暑さを忘れさせてくれる桔梗色が、いつまでも咲いてくれるよう願って止みません。

〔データ〕 ソニーNEX-C3 + トキナーATXマクロ90ミリF2.5(ペンタックスKマウント) + アダプター(PK→NEX)  絞り優先オート   F4.5   WB:太陽光   JPEG   撮影地:板橋区内

by crystal-way | 2012-08-17 19:30 | 初夏~夏の花 | Comments(0)
2012年 08月 13日

木陰の涼(ミンミンゼミ)/crysytal-wayの作品

e0053850_20351748.jpg

♪ミ~ンミンミンミ~ン♪♪…夏の風物詩に思うミンミンゼミの鳴き声も、東日本太平洋側が中心で、西日本ではアブラゼミが中心のようです。夏の暑さを好むアブラゼミに対し、ミンミンゼミは暑さに弱いそうです。本来は森林性のセミながら、東京の公園・街路樹などで大いに繁殖しています。写真の公園でも、アブラゼミの声を掻き消して、ミンミンゼミが大合唱していました。

〔データ〕 ソニーNEX-5N + E55~210ミリ     絞り優先オート    F9    WB:太陽光    JPEG    ストロボ使用     撮影地:板橋区内

by crystal-way | 2012-08-13 20:20 | 昆虫 | Comments(0)
2012年 08月 09日

夏空とヒマワリ(crystal-wayの作品)

e0053850_19263939.jpg

ヒマワリ(キク科)の花ほど、夏を感じさせる花は無いでしょう。太陽をイメージさせる大きく黄色い花は、夏空の青色と好対照です。晴れた夏の日、青空を背景にヒマワリを撮るには、太陽を背にして順光の位置から撮るのが基本です。ですが、この作品ではセオリーと逆に、太陽に向かって逆光位置から撮り、青空とヒマワリを再現してみました。
この撮影でのポイントを挙げてみます。太陽をヒマワリで隠すような位置を選ぶ。青空が再現するよう露出補正する。ストロボを発光し、調光補正でヒマワリの明るさを調整する。ヒマワリから雲まで見通せるよう、レンズの絞りを絞り込む。太陽の“漏れ日”が花の隙間から出るカメラ位置を探す。

〔データ〕 ソニーNEX-5N  +  E18~55㍉   絞り優先オート    F20    WB:太陽光    JPEG     ストロボ使用    撮影地:板橋区内

by crystal-way | 2012-08-09 19:30 | 初夏~夏の花 | Comments(0)
2012年 08月 08日

食事中(アブラゼミ)/crystal-wayの作品

e0053850_612048.jpg

アブラゼミが枝に止まってじっとしています。よく見ると、口ばしのストローを枝に突き立てて、樹液を吸っているようです。この個体はまったく鳴かなかったので、メスかも知れません。以前はアブラゼミを多く見かけた印象がありますが、この時はミンミンゼミに圧倒されて、少数派のようでした。

〔データ〕 ソニーNEX-5N + E55~210ミリ     絞り優先オート    F6.3    WB:太陽光    JPEG    ストロボ使用     撮影地:板橋区内

by crystal-way | 2012-08-08 06:03 | 昆虫 | Comments(0)
2012年 08月 04日

目覚めの光(スイレン)/crystal-wayの作品

e0053850_21535173.jpg

その時、しっとり咲いていたスイレン(睡蓮科)の花に、朝の光が差し込みました。光は陰を生み、スポットライトのように花を引き立てています。一枚一枚の花びらがキリリと立って、コサージュの花飾りのように綺麗でした。

〔データ〕 ソニーNEX-C3 + コシナ100ミリF3.5マクロ(ミノルタMDマウント) + アダプター(MD→NEX)  絞り優先オート   F11   WB:太陽光    JPEG    撮影地:板橋区内

by crystal-way | 2012-08-04 21:55 | 初夏~夏の花 | Comments(0)
2012年 08月 01日

夏草の花(コマツナギ)/crystal-wayの作品

e0053850_1954088.jpg

コマツナギ(マメ科)は、初夏から盛夏にかけてピンク色の集合花を咲かせます。茎に馬を繋いでおけるほど丈夫なことから、『馬繋ぎ』の名前がついたそうです。真偽はともかく、丈夫そうな茎や枝をたくさん伸ばして、あちこちに花を咲かせています。同じマメ科のハギの仲間に似ていて、集合花の花でしか見分けられません。マメ科らしく葉の並びは対生(枝に対し向かい合うように葉がつく)で、リズミカルに広がっています。

〔データ〕 ソニーNEX-C3 + コシナ100ミリF3.5マクロ(ミノルタMDマウント) + アダプター(MD→NEX)  絞り優先オート  F5.6   WB:太陽光    JPEG    撮影地:板橋区内

by crystal-way | 2012-08-01 19:56 | 初夏~夏の花 | Comments(1)