フルール花写真教室

cfphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 30日

草むらの小さなラン(ネジバナ)/crystal-wayの作品

e0053850_23241570.jpg

紫蘭や春蘭、金蘭、鷺草などの日本産のランと、ネジバナ(捩花・ラン科)は同じラン科です。日当たりの良い草むらに20cmほどの花茎を立てて、螺旋状に小さな花を咲かせます。その花は小さいながら、ランの花らしい姿形をしています。

〔データ〕 ソニーNEX-6 + コシナ100ミリF3.5マクロ(ミノルタMDマウント)  +  アダプター(MD→NEX)    絞り優先オート  F5.6   WB:太陽光   JPEG   撮影地:板橋区内

by crystal-way | 2013-06-30 23:26 | 初夏~夏の花 | Comments(0)
2013年 06月 27日

初夏淡彩(アジサイ)/crystal-wayの作品

e0053850_19191914.jpg

初夏を彩るアジサイの花にも、ブルー系ピンク系があります。それぞれに綺麗な淡彩ですが、一緒に並んだら、心に留め置きたくなる彩りです。ここでは、葉のグリーンを取り込んで、アジサイの彩りをしっかり記憶に留めたいと思います。

〔データ〕 ソニーNEX-6  +  タムロン18~200ミリF3.5-6.3 Di III VC   絞り優先オート   F8    WB:オート    JPEG    撮影地:松戸市本土寺

by crystal-way | 2013-06-27 19:20 | 初夏~夏の花 | Comments(0)
2013年 06月 25日

静寂と花やぎ(竹林&アジサイ)/crystal-wayの作品

e0053850_21121853.jpg

時の流れが止まったような、静寂が漂う竹林の前に、今を盛りとアジサイの花が咲いていました。それぞれに異なる時の流れがあるようで、地味ながらゆっくり成長して行く竹林に対し、華やかな花の寿命は長くはないと感じました。

〔データ〕 ソニーNEX-6  +  タムロン18~200ミリF3.5-6.3 Di III VC   絞り優先オート   F10    WB:オート    JPEG    撮影地:松戸市本土寺

by crystal-way | 2013-06-25 21:13 | 初夏~夏の花 | Comments(0)
2013年 06月 24日

ハナショウブの撮り方(配列を活かす)/crystal-wayの作例

e0053850_203635.jpg

花単独での美しさのほかに、花同士の配列が生む心地良いリズム感があります。それは、花の大きさの違いや間隔の大小で、強弱の音符をたどるかのようです。大切なのは、始点と終点をはっきりさせ、メインの花を意識してフレーミングすることです。ピントはすべての花に合わせて、リズミカルに視点移動できるようにします。

〔データ〕 ソニーNEX-6  +  タムロン18~200ミリF3.5-6.3 Di III VC   絞り優先オート   F10    WB:オート    JPEG    撮影地:しょうぶ沼公園

by crystal-way | 2013-06-24 20:37 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(2)
2013年 06月 23日

ハナショウブの撮り方(雨を添える)/crystal-wayの作例

e0053850_832473.jpg

アジサイ・ハナショウブの花は、梅雨時の風物詩と言えます。花を撮りつつ雨を加えることで、リアルに季節感を伝えることが出来ます。雨の表現としては、①降る雨を直接に捉える、②水面に弧を描く波紋を捉える、③雨後で濡れた地面や植物を捉える、などがあります。ここでは、ハナショウブの葉に残る雨後の雫を、花に加えてみました。撮影上は、メインの花と同時に雫にもピントが合うようにカメラポジション・アングルを選びます。

〔データ〕 ソニーNEX-6  +  タムロン18~200ミリF3.5-6.3 Di III VC   絞り優先オート   F13    WB:オート    JPEG    撮影地:しょうぶ沼公園

by crystal-way | 2013-06-23 08:33 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(0)
2013年 06月 21日

ハナショウブの撮り方(花を対比させる)/crystal-wayの作例

e0053850_21561468.jpg

きれいなハナショウブ(アヤメ科)の花を一輪だけ撮っても、その美しさは引き立ちません。印象の異なる他のハナショウブの花を取り込み、対照させることで印象に残ります。この作例では、白色の花を捉え、背景に青紫色の花を輪郭がわかる程度にボカして取り込みました。背景の青紫色が、白いハナショウブに気品を与えています。

〔データ〕 ソニーNEX-6  +  タムロン18~200ミリF3.5-6.3 Di III VC   絞り優先オート   F6.3    WB:オート    JPEG    撮影地:しょうぶ沼公園

by crystal-way | 2013-06-21 22:00 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(0)
2013年 06月 20日

アジサイの撮り方(初々しさを撮る)/crystal-wayの作例

e0053850_0305530.jpg

花にしろ人にしろ、若さは明るい希望に溢れています。まだ“青い”とは未熟を言うようですが、将来の成長が楽しみでもあります。アジサイの若い花は黄緑色一色ながら、大きく成長し涼しげな彩りとなることでしょう。頑張って咲いてほしいものです。

〔データ〕 ソニーNEX-6  +  タムロン18~200ミリF3.5-6.3 Di III VC   絞り優先オート   F7.1    WB:太陽光    JPEG    撮影地:板橋区内

by crystal-way | 2013-06-20 00:31 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(0)
2013年 06月 16日

アジサイの撮り方(群落の花をまとめる)/crystal-wayの作例

e0053850_233392.jpg

斜面一面に群生するアジサイの花が壮観です。ピンク色と紫色のアジサイが、グリーンの葉の下地に心地良く点在しています。ここでは、安定感ある絵柄にまとめるため、木立をポイントに、明暗の抑揚に着目しました。画面下側3/5の明部と上側2/5の暗部で、全体の抑揚とまとまりを図りました。観賞者には、全体の安定と目の置き所(木立)を確認してもらい、さらに細部のアジサイの色変化を楽しんでいただきます。

〔データ〕 ソニーNEX-6  +  タムロン18~200ミリF3.5-6.3 Di III VC   絞り優先オート   F10    WB:太陽光    JPEG    撮影地:板橋区内

by crystal-way | 2013-06-16 23:05 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(0)
2013年 06月 13日

ガクアジサイの撮り方(造形を捉える)/crystal-wayの作例

e0053850_2055036.jpg

ガクアジサイのガク(萼片)は花の一部分でありながら、独特な造形を形づくっています。ここでは、白と青の八重のガクが、夜空に上がった繊細な花火のように、暗い背景から浮き出ていました。円型の白いガクと、三日月型の青いガクの組み合わせが、涼しげな夜空を想わせました。撮影上は、真上から俯瞰撮影し、レンズの絞りを絞り込んで造形を捉えました。

〔データ〕ニコンD5200  +  シグマ18-250ミリ F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM   絞り優先オート   F18   WB:太陽光    JPEG    撮影地:豊島園

by crystal-way | 2013-06-13 20:56 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(0)
2013年 06月 10日

ガクアジサイの撮り方(木漏れ日を活かす)/crystal-wayの作例

ガクアジサイの花は、初夏の季節を象徴する花です。もしも、ガクアジサイの上が緑に覆われていたら、“木漏れ日”を背景にしてみましょう。この作例では、背景の緑と光ボケで、初夏の季節感を高めてみました。ここで望遠系レンズの「玉ボケ効果」を使います。手前の花にピントを合わせると、背景の細かな光がたくさんの丸い光ボケになります。この光ボケは、レンズの絞りを開くほどに大きく、絞るほどに小さくなります。
作例では、絞り値を変えて撮ってみました。どちらが適正とは言えませんが、開き気味(f7.1)の方は、光ボケが連なってリズミカルに見えます。一方、絞り気味(f10)の方は、梢の葉のざわめきが聞こえそうで、林の雰囲気を感じます。

     レンズの絞り値[f7.1]
e0053850_22384552.jpg

     レンズの絞り値[f10]
e0053850_22395948.jpg

〔共通データ〕ニコンD5200  +  トキナーAF100ミリF3.5マクロ   絞り優先オート   F7.1,F10   WB:太陽光    JPEG    撮影地:豊島園

by crystal-way | 2013-06-10 23:02 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(0)