フルール花写真教室

cfphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2014年 07月 31日

丸葉模様(古代蓮)/Shigeさんの作品

綺麗な花に目が行きがちなハスの花ですが、周囲の葉にも、落ち着いた美しさがあります。丸い雨傘を開いたような葉が連なり、独特な葉模様を展開しています。いつもは脇役の葉を、主役に扱った視点が新鮮な作品です。
この作品では、花一輪をポイントに、葉の創り出す模様を捉えています。葉の重なり方やポイントの花の位置のバランスが良く、落ち着いた造形美を見せてくれます。
e0053850_784335.jpg

〔データ〕ニコンD7000  +  AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f3.5-5.6G   絞り優先オート   F20    WB:手動設定   JPEG    撮影地:行田市古代蓮の里

by crystal-way | 2014-07-31 07:10 | 初夏~夏の花 | Comments(0)
2014年 07月 28日

キキョウそろい咲き(crystal-wayの作品)

キキョウ(桔梗・キキョウ科)は、日本・朝鮮半島・中国・東シベリアに分布する多年草です。6~9月に紫~青紫色の星型の花を咲かせます。近年、個体数が減少して、環境省から絶滅危惧種に指定されています。
その花は雌雄同花ながら、雄シベと雌シベの成熟に時間差があり、雄シベが成熟して役割を終えてから、遅れて雌シベが成熟します。これは、自家受粉を防ぎ、健全な交配を行うための工夫と言われます。
写真中央の花は、開花間もなくでシベは未成熟です。左側の花は雄シベが成熟、右側の花は雄シベの後で雌シベが成熟しています。
e0053850_23114133.jpg

〔データ〕ソニーα6000  +  キャノンEF-S55-250ミリ F4-5.6 IS STM  +  マウント・アダプター(キャノンEOS→ソニーEマウント)    絞り優先オート   F7.1   WB:太陽光    JPEG    撮影地:東京都薬用植物園

by crystal-way | 2014-07-28 23:13 | 初夏~夏の花 | Comments(0)
2014年 07月 26日

ユリの王様(ヤマユリ開花)/crystal-wayの作品

お花屋さんの店頭では、色とりどりな園芸種のユリが美しさを競っています。ですが、7月になると「今年も無事に咲いているだろうか?」と気になるのがヤマユリ(山百合・ユリ科)の花です。ヤマユリは日本特産のユリで、北海道と近畿以北の本州の山地に自生し、7~8月に直径20cm以上の大型の花を咲かせます。白地に黄色を帯びた筋入りで、細かなオレンジ色の斑点があり、まさに“ユリの王様”の呼び名に相応しい美しさと風格を備えています。
今年も、立派に咲いたヤマユリに対面することが出来ました。
e0053850_21403277.jpg

〔データ〕ソニーα6000  +  キャノンEF-S55-250ミリ F4-5.6 IS STM  +  マウント・アダプター(キャノンEOS→ソニーEマウント)    絞り優先オート   F9   WB:太陽光    JPEG    撮影地:東京都薬用植物園

by crystal-way | 2014-07-26 21:40 | 初夏~夏の花 | Comments(0)
2014年 07月 24日

ハスの花の撮り方⑨【オモシロ感覚で捉える】/crystal-wayの作例

写真の良さは、そのものの美しさや凄さをストレートに伝える以外に、観る人の想像力を掻き立てて、いろいろなイメージを膨らませてくれることです。この作例は、客観的には残った二片の花びらとなりますが、オモシロ感覚で見れば、“うさ耳カチューシャをした無精ひげのおじさん”となります。カチューシャ(髪バンド)でウサギの耳飾りが付いたものを、黄色いひげのハスおじさんが得意気にしている図・・・、いかがでしょうか。
e0053850_2257406.jpg

〔データ〕 ソニーNEX‐F3  +  キャノンEF-S18-55ミリ F3.5-5.6 IS STM  +  マウント・アダプター(キャノンEOS→ソニーNEX)    絞り優先オート   F16   WB:太陽光   JPEG    撮影地:行田市古代蓮の里

by crystal-way | 2014-07-24 22:59 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(0)
2014年 07月 21日

ハスの花の撮り方⑧【花束感覚で撮る】/crystal-wayの作例

ハスの花は、一輪でも十分に綺麗ですね。そんなハスの花を花束にしたら、さぞかし素敵かなと思っていました。
寄り添うように咲く3輪の花は、ひとつの花束のようにゴージャスで、妍を競う三姉妹を見ているようでした。
e0053850_2346389.jpg

〔データ〕 ソニーNEX‐F3  +  キャノンEF-S18-55ミリ F3.5-5.6 IS STM  +  マウント・アダプター(キャノンEOS→ソニーNEX)    絞り優先オート   F18   WB:太陽光   JPEG    撮影地:行田市古代蓮の里

by crystal-way | 2014-07-21 23:47 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(0)
2014年 07月 19日

ハスの花の撮り方⑦【散り花を撮る】/crystal-wayの作例

散ってもなお、余韻を残すのがハスの花です。一片の花びらにさえ、在りし日の華麗な姿が思い浮かびます。ハスは水辺の花、散り花の行き先はやはり水面になります。
水面に浮かぶ花びらをじっと見ていると、初夏の岸辺につながれた小船が数艘、寄せる波にゆらゆらと揺らめいているかのようです。
e0053850_6442100.jpg

〔データ〕ソニーNEX‐F3  +  キャノンEF-S55-250ミリ F4-5.6 IS STM  +  マウント・アダプター(キャノンEOS→ソニーNEX)    絞り優先オート   F18   WB:太陽光    JPEG    撮影地:埼玉県伊奈町

by crystal-way | 2014-07-19 06:50 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(0)
2014年 07月 16日

ハスの花の撮り方⑥【昆虫をポイントに撮る】/crystal-wayの作例

ハスの大きな花は、昆虫たちにとって、美味しい蜜や花粉にありつける憩いのシェルターなのでしょう。特に多いのがミツバチなどの蜂の仲間です。次から次へと花を渡り歩きながら、ハスのシベをかき分けて動き回ります。常に動き回るので、写真に収めるのは容易ではありません。花とハチの両方にピントが合うタイミングを逃さず撮りましょう。
一方、トンボ類は花に止まっている間はじっとしているので、上手く近づければ容易に撮れます。作例では、イトトンボがお気に入りのハスの花に止まっていました。こうした小さな昆虫を確実に捉えるには、マクロレンズで正確に撮るのが良いでしょう。
                       

                        『イトトンボ』
e0053850_2142310.jpg

          『ミツバチ』
e0053850_2116761.jpg

〔イトトンボ・データ〕ソニーNEX‐F3  +  コシナAF100ミリ F3.5マクロ(キャノンマウント)  +  マウント・アダプター(キャノEOS→ソニーNEX)    絞り優先オート   F10   WB:太陽光    JPEG   撮影地:埼玉県伊奈町
〔ミツバチ・データ〕 ソニーNEX‐F3  +  キャノンEF-S18-55ミリ F3.5-5.6 IS STM  +  マウント・アダプター(キャノンEOS→ソニーNEX)    絞り優先オート   F9   WB:太陽光   JPEG    撮影地:行田市古代蓮の里

by crystal-way | 2014-07-16 21:17 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(0)
2014年 07月 14日

ハスの花の撮り方⑤【葉模様を活かす】/crystal-wayの作例

ハスの花の周りは、大きな葉で囲われています。春から晩秋まで、蓮田はたくさんの葉に覆われています。ハスの花を主役に撮っていても、どうしたら葉を活かせるかを考えましょう。葉の面白さは、基本的に円型でありながら、波打つことで一枚ごとに形(輪郭線や葉脈線)が異なることです。そのため、複数の葉が創り出す複雑な模様は、変化に富んで飽きさせません。
この作例では、花一輪をポイントに、複数の葉が創り出す葉模様を組み合わせてみました。
e0053850_2345298.jpg

〔データ〕 ソニーNEX‐F3  +  キャノンEF-S18-55ミリ F3.5-5.6 IS STM  +  マウント・アダプター(キャノンEOS→ソニーNEX)    絞り優先オート   F13   WB:太陽光   JPEG    撮影地:埼玉県伊奈町

by crystal-way | 2014-07-14 23:05 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(0)
2014年 07月 12日

ハスの花の撮り方④【花の中心を撮る】/crystal-wayの作例

ハスの花の中心には、黄色く丸い雌しべの集まりがあり、その周りを雄しべが取り巻いています。一輪の花で多数の実が生る仕組みになっています。ピンク色の花びらに取り囲まれて、黄色い花芯はとても個性的です。この作例では黄色い花芯を中心に、周囲の花びらを取り込んで、色彩と造形にねらいを絞ってみました。こうした撮影では、被写体の洗練度が仕上がりを左右します。十分に花を吟味する必要があるでしょう。
e0053850_91432100.jpg

〔データ〕ソニーNEX-5N   +   E18-55ミリ F3.5-5.6 OSS      絞り優先オート   F22     WB:太陽光    JPEG     撮影地:埼玉県伊奈町

by crystal-way | 2014-07-12 09:14 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(0)
2014年 07月 09日

ハスの花の撮り方③【半逆光で立体感を出す】/crystal-wayの作例

晴天時には、ハスの花の繊細な表情を写すのは難しいですが、光を活かしたダイナミックな見せ方ができます。午前中の早い時間帯なら、太陽光は低い角度から差し込みます。太陽に対し逆光~半逆光の位置から花をねらえば、花びらが透過光により、綺麗に透けて見えます。この光線状態で、望遠系レンズによって背景を整理すれば(もしくは圧縮効果で奥の花と組合わせて)、花の存在感を存分に表現できるでしょう。
作例では、メインの花をキッチリ捉えつつ、奥の花や蕾を取り込んで、奥行き感を出すようにしました。奥の花がボケすぎないように、絞りをやや絞り込んでいます。
e0053850_22381829.jpg

〔データ〕ソニーNEX‐F3  +  キャノンEF-S55-250ミリ F4-5.6 IS STM  +  マウント・アダプター(キャノンEOS→ソニーNEX)    絞り優先オート   F10   WB:太陽光    JPEG    撮影地:埼玉県伊奈町

by crystal-way | 2014-07-09 22:40 | 初夏~夏の花(作例) | Comments(0)