<   2014年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 29日

ヒガンバナの印象(背景で変わる[光射す花茎])/crystal-wayの作品

ヒガンバナ(彼岸花・ヒガンバナ科)の花があれほど印象的に見えるのは、黄緑色の花茎があるからでしょう。葉がないため、花と花茎の色の対照が鮮やかです。
その花茎も、花と同じ明るさなら、色の対比だけで花が浮き上がるまでに至りません。ここで、写真表現の基本を考えるに、背景から被写体を浮き上がらせるには、①レンズのボケで背景をボカして浮き上がらせる、②色の対比で浮き立たせる、③明暗差のある背景で浮き上がらせる、が考えられます。この作品では、明暗差を軸に、三つの手法を複合して花を強調しています。
e0053850_20544679.jpg

〔データ〕ソニーα6000  +  キャノンEF-S55-250ミリ F4-5.6 IS STM  +  マウント・アダプター(キャノンEOS→ソニーEマウント)    絞り優先オート   F8   WB:太陽光    JPEG    撮影地:日高市巾着田

by crystal-way | 2014-09-29 20:54 | 秋の花 | Comments(0)
2014年 09月 27日

ヒガンバナの印象(背景で変わる[青空])/crystal-wayの作品

ヒガンバナ(彼岸花・ヒガンバナ科)の背景として、“空”とりわけ“青空”を忘れることはできません。空の青色とヒガンバナの赤色が揃えば、秋晴れの清々しい空気感を伝えられます。
写真では、標準ズームレンズの広角側(18ミリ)を使いました。花を下から撮ることで、幾本もの長いシベが空に向かって伸びる様子を捉えることができました。
e0053850_20383059.jpg

〔データ〕ソニーα6000  +  キャノンEF-S18-55ミリ F3.5-5.6 IS STM  +  マウント・アダプター(キャノンEOS→ソニーEマウント)    絞り優先オート   F14   WB:太陽光    JPEG   CPLフィルター使用    撮影地:日高市巾着田

by crystal-way | 2014-09-27 20:39 | 秋の花 | Comments(0)
2014年 09月 25日

ヒガンバナの印象(背景で変わる[木の幹])/crystal-wayの作品

ヒガンバナに限らず、花の印象は背景でガラリと変わります。花を主役とすれば、背景は舞台のようなもの。同じ花でも、背景によって様々な印象に見せることができます。
まずは、ヒガンバナ咲く林の“木の幹”が背景です。苔むした太い幹は、その林の落ち着いた環境や、しっとりした空気感を感じさせます。花との違和感がなく、自然体な背景と言えましょう。
e0053850_21837.jpg

〔データ〕ソニーα6000  +  キャノンEF-S55-250ミリ F4-5.6 IS STM  +  マウント・アダプター(キャノンEOS→ソニーEマウント)    絞り優先オート   F13  WB:太陽光    JPEG    撮影地:日高市巾着田

by crystal-way | 2014-09-25 21:07 | 秋の花 | Comments(0)
2014年 09月 23日

ヒガンバナの印象④(群生模様)/crystal-wayの作品

ヒガンバナ(彼岸花・ヒガンバナ科)の花は単独でも魅力的ですが、一面の群生は別世界を見せてくれます。
複雑な花同士が絡まるようにして、赤い毛氈(もうせん)を敷いたように、林床を覆っています。林の下草のグリーンに映えて、モザイク模様の赤色が目に残ります。写真では、木漏れ日がスポットライトのように花を照らして、立体的な群落が手前から奥へと続く様を描き出していました。
e0053850_4171289.jpg

〔データ〕ソニーα6000  +  キャノンEF-S18-55ミリ F3.5-5.6 IS STM  +  マウント・アダプター(キャノンEOS→ソニーEマウント)    絞り優先オート   F18   WB:太陽光    JPEG    撮影地:府中市郷土の森

by crystal-way | 2014-09-23 05:30 | 秋の花 | Comments(0)
2014年 09月 20日

ヒガンバナの印象③(一斉開花)/crystal-wayの作品

9月に入り次々と芽吹いたヒガンバナ(彼岸花・ヒガンバナ科)ですが、ところにより一斉に開花を始めました。たくさん伸びたライトグリーンの花茎の先に、朱色の細やかな花が咲き乱れます。そんな若々しい花群れに木漏れ日が差し込んで、清々しい初秋の光景を見せてくれました。
作画上は、斜光線の位置から、太い幹の陰で中心の花を浮き立たせて、背景の花で奥行きを加えました。
e0053850_13183110.jpg

〔データ〕ソニーα6000  +  キャノンEF-S55-250ミリ F4-5.6 IS STM  +  マウント・アダプター(キャノンEOS→ソニーEマウント)    絞り優先オート   F18  WB:太陽光    JPEG    撮影地:日高市巾着田

by crystal-way | 2014-09-20 13:10 | 秋の花 | Comments(0)
2014年 09月 18日

ヒガンバナの印象②(初秋の光に包まれて)/crystal-wayの作品

樹林や田の畦に花を咲かせるヒガンバナ(彼岸花・ヒガンバナ科)ですが、川岸に咲くものは変化に富んだ背景で撮影できます。川瀬のさざ波がキラキラ輝いて、写真では“玉ボケ効果”として、リズミカルな光ボケを得られます。
写真では、まだまだ強い初秋の陽射しを得られて、明るい雰囲気のヒガンバナ写真を撮ることができました。
e0053850_19221682.jpg

〔データ〕ソニーα6000  +  キャノンEF-S55-250ミリ F4-5.6 IS STM  +  マウント・アダプター(キャノンEOS→ソニーEマウント)    絞り優先オート   F6.3  WB:太陽光    JPEG    撮影地:日高市巾着田

by crystal-way | 2014-09-18 19:22 | 秋の花 | Comments(0)
2014年 09月 16日

ヒガンバナの印象①(ビビッドな赤色)/crystal-wayの作品

一年ぶりに再会したヒガンバナ(彼岸花・ヒガンバナ科)の花に、季節がひとめぐりしたのを実感しました。年間を通じて、これほど鮮烈に現れ、短期間で消えて行く花は、ヒガンバナの他にないように思えます。そして、花の形の特異さ以上に、ヒガンバナ・カラーとも言える赤色が、感性を目覚めさせ、奮い立たせてくれます。
e0053850_0272550.jpg

〔データ〕ソニーα6000  +  キャノンEF-S55-250ミリ F4-5.6 IS STM  +  マウント・アダプター(キャノンEOS→ソニーEマウント)    絞り優先オート   F5.6   WB:太陽光    JPEG    撮影地:日高市巾着田

by crystal-way | 2014-09-16 23:45 | 秋の花 | Comments(0)
2014年 09月 14日

リコリス・スプレンゲリー開花(crystal-wayの作品)

リコリス(Lycoris)は、彼岸花類の総称です。キツネノカミソリ(狐の剃刀=オレンジ色の花)やショウキズイセン(鍾馗水仙=黄色の花)、ヒガンバナ(彼岸花=赤色の花)もリコリスの仲間です。そして、今回のリコリス・スプレンゲリー(紫狐の剃刀・ヒガンバナ科)も仲間ながら、その花色は特異に感じます。花の基本色はグラデーションのあるピンク色ですが、花弁の先端近くが青味を帯びるのが特徴です。ヒガンバナより早く8月下旬~9月中旬にかけて開花し、秋の先駆けとなっています。
e0053850_22151685.jpg

〔データ〕ソニーα6000  +  コシナAF100ミリ F3.5マクロ(キャノンマウント)   +  マウント・アダプター(キャノンEOS→ソニーEマウント)    絞り優先オート   F10   WB:太陽光    JPEG    撮影地:埼玉県川口市

by crystal-way | 2014-09-14 22:16 | 秋の花 | Comments(0)
2014年 09月 12日

色づくコムラサキ(crystal-wayの作品)

コムラサキ(小紫・クマツヅラ科)は、美しい薄紫色で秋の訪れをいち早く知らせてくれます。6~8月にかけて小さな花を咲かせ、花のあとに白い実ができて来ます。9月になれば、白かった実が薄紫色へと色変わりして、新秋の彩りに目を洗われます。
山野に多い同属のムラサキシキブ(紫式部)にも綺麗な実が付きますが、付き方がまばらなため、目立ちにくいかも知れません。平地の庭や公園では、主にコムラサキが植栽されているようです。
e0053850_21491226.jpg

〔データ〕ソニーα6000  +  コシナAF100ミリ F3.5マクロ(キャノンマウント)   +  マウント・アダプター(キャノンEOS→ソニーEマウント)    絞り優先オート   F8   WB:太陽光    JPEG    撮影地:板橋区内

by crystal-way | 2014-09-12 21:49 | 結実 | Comments(0)
2014年 09月 10日

Shigeさんの花散歩⑦♪♪《夏の思い出/ヒマワリ》 

高原で様々な夏の花と出会ったShigeさんですが、一番に元気をもらったのはヒマワリ(向日葵・キク科)の花ではないでしょうか。ヒマワリは、ゴッホも描いた夏の象徴です。太陽を想わせる大きな花が、観る人の心に夏の印象を鮮やかに残します。強い日射しで輝いていたヒマワリにも、柔らかな光で優しい母のようなヒマワリにも、また来年、再会したいものです。
e0053850_22483992.jpg

〔データ〕ニコンD7000  +  シグマAPO 70-300ミリ F4-5.6 DG MACRO    絞り優先オート   F8    WB:手動設定   JPEG    撮影地:夢の島公園

by crystal-way | 2014-09-10 22:51 | 初夏~夏の花 | Comments(0)