フルール花写真教室

cfphoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2015年 01月 31日

紅梅開花(crystal-wayの作品)

寒風に、思わず身を縮めてしまうこの頃です。それでも、季節は少しずつ進んでいるようです。枝ばかりが目立っていた紅梅(八重寒梅)の枝に、ほっこり花が咲きました。まだまだ蕾ばかりですが、日一日と花数が増えて行くことでしょう。
昨日の雪は、咲き始めた花には試練だと思います。それに、晴れれば晴れたなりに、朝の霜もあります。それでも花を開き始めるのは、植物の“勇気”?なのでしょうか。
e0053850_101142.jpg

〔データ〕 FUJIFILM X-M1  +  XC50-230ミリ F4.5-6.7 OIS  絞り優先オート  F6.7 (開放)   WB:オート  JPEG  フィルムシミュレーション:ベルビア   撮影地:皇居東御苑
[PR]

by crystal-way | 2015-01-31 10:01 | 早春の花 | Comments(0)
2015年 01月 27日

冬晴れに映えて(ソシンロウバイ)/crystal-wayの作品

冬晴れの空の青さが深く心に残るのは、ソシンロウバイ(素心蝋梅)の強い黄色のためです。これほどピュアな黄色と青色の組み合わせは、なかなかありません。
ほかに色の少ない季節のせいか、冬の花といえば、この黄色を思い出しそうです。
e0053850_22305093.jpg

〔データ〕 FUJIFILM X-M1  +  XC16-50ミリ F3.5-5.6 OIS    絞り優先オート   F14   WB:太陽光   JPEG    フィルムシミュレーション:ベルビア        撮影地:皇居東御苑
[PR]

by crystal-way | 2015-01-27 22:32 | 早春の花 | Comments(0)
2015年 01月 24日

竹林冬陽(crystal-wayの作品)

現在のデジタルカメラでは、モノクロ写真を気軽に撮ることができます。フイルム時代のモノクロ写真とは質的に異なるでしょうが、どんな状況でモノクロが活きるのかを試験的に撮ることができます。
何気ない竹林に、冬の低い陽射しが長く影を落としていました。そのパターン的な模様は、竹林の縦線のリズムと呼応して、現実感の薄れた光景を見せていました。
e0053850_8293999.jpg

〔データ〕 FUJIFILM X-M1  +  XC16-50ミリ F3.5-5.6 OIS    絞り優先オート   F20   WB:太陽光   JPEG    フィルムシミュレーション:モノクロ        撮影地:皇居東御苑
[PR]

by crystal-way | 2015-01-24 08:29 | 晩秋~冬景色 | Comments(0)
2015年 01月 21日

ハルサザンカ(絞り笑顔)/crystal-wayの作品

ハルサザンカ(春山茶花・ツバキ科)は、ヤブツバキとサザンカの交雑種で、冬から春にかけて花を咲かせます。基本色のピンク色に白い絞りが入ったものが“絞り笑顔”という品種です。
写真の花では、白色とピンク色の対比が美しく、早春の訪れを告げているようでした。
e0053850_2329121.jpg

〔データ〕 FUJIFILM X-M1  +  XC16-50ミリ F3.5-5.6 OIS    絞り優先オート   F7.1   WB:太陽光   JPEG    撮影地:皇居東御苑
[PR]

by crystal-way | 2015-01-21 23:29 | 早春の花 | Comments(0)
2015年 01月 18日

熱帯スイレン(crystal-wayの作品)

野外はすっかり枯れ色に覆われています。早春の花の便りを待ちつつ、温室に行ってみました。熱帯の気候を再現した温室内では、忘れかけていた花の香りや草の息吹きを思い出しました。
池にはスイレン(睡蓮・スイレン科)が葉を広げて、穏やかな水辺に来たかのようです。
温室でのしばしの憩いが、再び戸外の寒さに立ち向かう気力を養ってくれました。
e0053850_17343379.jpg

〔データ〕ソニーα6000  +  E 50ミリ F1.8 OSS    絞り優先オート   F5    WB:太陽光     JPEG    撮影地:新宿御苑・温室
[PR]

by crystal-way | 2015-01-18 17:34 | 温室の花 | Comments(0)
2015年 01月 15日

ソシンロウバイ開花(crystal-wayの作品)

早春を告げる花には、黄色い花が多い気がします。ニホンスイセン、ロウバイ、フクジュソウ、マンサクなどです。いずれも、葉が茂る前に花を咲かせます。ロウバイ・フクジュソウ・マンサクは虫媒花で、まだ冬の寒さの中で、昆虫の訪問を待つといいます。植物の競争相手が少ないとはいえ、数少ない昆虫を待つのも厳しい選択と言えそうです。
写真は、花全体が黄色いソシンロウバイ(素心蝋梅・ロウバイ科)です。冬晴れの青空に黄色が映えていました。
e0053850_20481011.jpg

〔データ〕ソニーα6000  +  E 50ミリ F1.8 OSS    絞り優先オート   F4    WB:太陽光     JPEG    撮影地:新宿御苑
[PR]

by crystal-way | 2015-01-15 20:44 | 早春の花 | Comments(0)
2015年 01月 12日

藪椿楚々(crystal-wayの作品)

ヤブツバキ(藪椿・ツバキ科)は、多くの園芸品種のツバキと異なり、古来より日本に生育する野生種です。古く万葉集に読まれた詩歌に出てくる椿は、このヤブツバキであろうと言われます。そのような昔から、人々の心を癒してきたと思うと、感慨が湧いてきます。
花が丸ごとポトリと落ちる散り方から、武士に嫌われたというのは流言のようです。現に、江戸城の一部である北の丸公園で、楚々と花咲いていました。
e0053850_2014986.jpg

〔データ〕 FUJIFILM X-A1  +  XC16-50ミリ F3.5-5.6 OIS    絞り優先オート   F7.1   WB:太陽光   JPEG    撮影地:北の丸公園
[PR]

by crystal-way | 2015-01-12 20:02 | 初冬~冬の花 | Comments(0)
2015年 01月 10日

秋の名残色(crystal-wayの作品)

地上部はすっかり落葉して冬の佇まいのイチョウですが、地面には秋の名残色が残っていました。うっすら残る黄色と萌え出た新芽のグリーンがコラボして、冬とは思えない軽やかな色合いを見せていました。
この色合いも枯れ色に変わり、カサカサと寒風に鳴るのもそう遠い日ではありません。
e0053850_1245494.jpg

〔データ〕 FUJIFILM X-A1  +  XC16-50ミリ F3.5-5.6 OIS    絞り優先オート   F16   WB:太陽光   JPEG    撮影地:北の丸公園
[PR]

by crystal-way | 2015-01-10 12:45 | 晩秋~冬景色 | Comments(0)
2015年 01月 07日

ペーパーホワイト開花(crystal-wayの作品)

ペーパーホワイトは、ニホンスイセンと同じフサザキスイセンの仲間で、原産地は地中海沿岸です。スイセンの原種は、平安時代にシルクロードから中国をへて日本に渡来したそうです。その後、日本の風土に合わせて品種改良されたのがニホンスイセンで、花の中心部が黄色いのが特徴です。
同じ白いスイセンでも、ペーパーホワイトの白さはクール(冷調)な白さで、洋紙を想わせます。一方、ニホンスイセンの白さには温か味があって、和紙の和みを感じさせます。
e0053850_1581777.jpg

〔データ〕ソニーα6000  +  E 50ミリ F1.8 OSS    絞り優先オート   F6.3   WB:太陽光     JPEG    撮影地:新宿御苑
[PR]

by crystal-way | 2015-01-07 06:30 | 初冬~冬の花 | Comments(0)
2015年 01月 02日

ニホンスイセン開花(crystal-wayの作品)

新年あけまして、おめでとうございます。
今年一年が良い年になりますように願っております。


季節ごとに咲き継ぐ花たちや紅葉を見ていると、気候の変化が平年並みなのか、台風などの災害が多いのかなど、その年の気象変動の傾向に気付かされます。
“平年並み”であることを誰よりも願っているのが、常に屋外の天候にさらされている植物たちなのでしょう。
今年も、温暖化の進行による大雪・大雨・猛暑などの暴力的な天候が少ないことを祈っています。
e0053850_18105518.jpg

〔データ〕ソニーα6000  +  E 50ミリ F1.8 OSS    絞り優先オート   F4    WB:太陽光     JPEG    撮影地:新宿御苑
[PR]

by crystal-way | 2015-01-02 18:13 | 早春の花 | Comments(0)