フルール花写真教室

cfphoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 31日

夏の名残り(ノカンゾウ)/crystal-wayの作品

本州~四国~九州にまで分布するユリ科の多年草で、6~8月頃、橙色の一重の花を咲かせます。平安時代には食用とされた記述があり、さらに古い時代に中国から渡来したと考えられます。花の形は高原のニッコウキスゲに似て、開花期もほぼ同じです。8月下旬の植物園で、残暑のなか元気に咲いていました。
e0053850_2027825.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  タムロン18-200ミリ F3.5-6.3 Di III VC    絞り優先オート   F8    WB:オート    JPEG    撮影地:神代植物公園
[PR]

by crystal-way | 2015-08-31 20:27 | 初夏~夏の花 | Comments(0)
2015年 08月 24日

秋の気配(オミナエシと青空)/crystal-wayの作品

つい最近までの猛暑が嘘のように、ひとたび大気が入れ替われば、あたりには秋の気配が漂います。
緑一色に見えたハギにも、小さな花が咲きました。オミナエシの黄色も、青空を背景に、日に日に印象強くなってきました。
e0053850_2394331.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  タムロン18-200ミリ F3.5-6.3 Di III VC    絞り優先オート   F13    WB:オート    JPEG    撮影地:神代植物公園
[PR]

by crystal-way | 2015-08-24 23:10 | 秋の花 | Comments(0)
2015年 08月 18日

スイレン池の静寂(crystal-wayの作品)

夏の植物園を訪れると、意外に多くの花に出合えます。中でも期待を抱いて行くのがスイレンの花です。スイレンの花は、池の周囲から観賞するしかありませんが、それでも花の美しさに惹かれます。蝉時雨の下、たゆたう水面に浮かぶ花は、幻想的にさえ感じました。
e0053850_5202964.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  タムロン18-200ミリ F3.5-6.3 Di III VC    絞り優先オート   F13    WB:オート    JPEG    撮影地:神代植物公園
[PR]

by crystal-way | 2015-08-18 05:30 | 初夏~夏の花 | Comments(2)
2015年 08月 13日

キツネノカミソリ(狐の剃刀)濃色種/crystal-wayの作品

彼岸花にくらべて個体数が少ないのか、東京では大きな群落を見かけないのがキツネノカミソリ(ヒガンバナ科)です。その橙色が特徴で、同じく橙色のヤブカンゾウの花より、花弁がシャープで細身です。写真は濃色種と言われ、通常のものより濃い色をしています。
ヒガンバナのつゆ払い的に8月に咲き出すので、暑い中、印象に残る花です。
e0053850_23551513.jpg

〔データ〕ソニーNEX-F3  +  タムロンSP AF60ミリ F/2 Di II LD [IF] MACRO  マウントアダプター  絞り優先オート   F4    WB:オート     JPEG     撮影地:板橋区内
[PR]

by crystal-way | 2015-08-13 23:55 | 初夏~夏の花 | Comments(0)
2015年 08月 06日

光の戯れ(crystal-wayの作品)

渓流の流れが一際輝くのが、木漏れ日に照らされたときです。光の反射がゆらゆら・キラキラ留まることなく動きます。水の勢いに力を得て、はしゃぎ回る子供のように、神出鬼没に輝きます。
そして、実際に撮影してみると、その輝きは、いく筋にも重なった光の線であることがわかります。一瞬に多くの線で模様を描く、まさに“神業”を見た気がしました。
e0053850_19355917.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  タムロン18-200ミリ F3.5-6.3 Di III VC    絞り優先オート(シャッター速度1/8秒相当)   F10   WB:オート    JPEG    撮影地:世田谷区等々力渓谷
[PR]

by crystal-way | 2015-08-06 19:36 | 花・自然の造形 | Comments(0)
2015年 08月 02日

渓流・水流模様(crystal-wayの作品)

渓流の写真を撮るとき、大まかに二通りのアプローチがあります。一つは、流れと周囲の緑、橋や遊歩道など、渓流全体を一幅の絵のようにまとめる撮り方。その渓流の特徴がわかり、多くの情報を伝えられます。
もう一方は、流れそのものが見せる魅力に迫る撮り方。せせらぎ・小滝・落ち込み・平瀬など、その場の地形や川底の石の色・形までが影響し、水流は多様な表情を見せてくれます。
この日の渓流では、上流での降雨の影響で水量が増えて、水色も薄茶色に濁っていました。こんな時には、水の透明感は撮れませんが、豊富な水量が描く『水流模様』を撮るチャンスとなります。シャッター速度で写り方が変わり、撮影技術も問われます。
e0053850_75039.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  タムロン18-200ミリ F3.5-6.3 Di III VC    絞り優先オート(シャッター速度1/6秒相当)   F16   WB:オート    JPEG    撮影地:世田谷区等々力渓谷
[PR]

by crystal-way | 2015-08-02 07:50 | 花・自然の造形 | Comments(0)