フルール花写真教室

cfphoto.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 21日

ミントさんの作品(バラの花)

様々な種類があり、彩り豊かなバラの花ですが、観賞に耐える写真に撮るのは、意外と難しいようです。それは、あまりにもポピュラーな花で、皆さん、美しいバラを見慣れているせいかも知れません。バラの花を撮る着眼点は、花・葉・棘など全体のフォルム、花の造形美、彩りの美しさなど、いろいろありますが、この作品では、造形美を加えながら彩りの美しさを捉えていると思います。
e0053850_22504622.jpg

[PR]

# by crystal-way | 2005-09-21 22:52 | 春の花 | Comments(20)
2005年 09月 19日

AYAさんの作品(スイレン池)

夏草が生い茂るスイレン池の作品です。ちょっと、草イキレさえ感じそうな夏草の緑色のなか、一輪のスイレンが涼しげです。この作品では、前ボケの使い方が巧みで、大きな効果をあげています。まず、水面に映りこんだ手摺りなどの、邪魔な人工物を覆い隠す効果。また、前ボケの草と奥の草を対比させて、奥行きや緑色の諧調を出す効果もあります。さらに、草が主体の画面にすることで、夏草の生い茂る様まで表現していると思います。
e0053850_10343391.jpg

[PR]

# by crystal-way | 2005-09-19 10:36 | 初夏~夏の花 | Comments(14)
2005年 09月 17日

crystal-wayの作品(ヒガンバナ咲く林)

ヒガンバナは、9月に入ると湧き出すように咲き始め、お彼岸の頃には赤いジュウタンのように林を埋めます!ひとつの花の造形や朱色も魅惑的ですが、おびただしく林を埋め尽くす光景は、圧巻です。この作品では、花に幻惑されないよう、茎や草地の緑色とのバランスや木立の配列の位置にも気をつけて、風景写真として絵作りしてみました。
e0053850_164488.jpg

[PR]

# by crystal-way | 2005-09-17 16:08 | 秋の花 | Comments(20)
2005年 09月 16日

ミッチーさんの作品(コオニユリ)

夏の山野で、オレンジ色がひときわ目立つのが、コオニユリの花。一本の茎に蕾はたくさん付いていても、咲いているのは1~2輪が多い。この作品では、お隣同士寄り添うように咲く花々を、上手く捉えています。無駄のない切り取りの中で、花と多くの蕾にピントを合わせています。背景も、ボケ足りないものの、花の背景に明るいボケを当てるなど、工夫しています。ただし、少しだけ露出をプラスして、やや明るくした方が、自然な感じになると思います。
e0053850_19132736.jpg

[PR]

# by crystal-way | 2005-09-16 19:20 | 初夏~夏の花 | Comments(6)
2005年 09月 14日

ミントさんの作品(ヒガンバナとトンボ)

ヒガンバナの咲く頃、トンボがあちこちで飛び回っています。尖ったものの先端が好きな彼らは、ヒバンバナの蕾がお気に入りのようです。この作品では、ヒガンバナの群落をボカして背景としました。赤は少なく緑中心の背景のため、爽やかな初秋のイメージになっています。明るめな露出により、トンボ自体がキレイに写ったのも良かったですね♪
e0053850_2025231.jpg

[PR]

# by crystal-way | 2005-09-14 20:04 | 秋の花 | Comments(16)
2005年 09月 12日

AYAさんの作品(ハス)

キレイに開いてきたハスの花を、少し引いて周りの蕾や葉を加えて、絵作りしています。背景にもハスの花群れをボケで入れて、ハス田の奥行きを感じさせています。左下の開きかけた蕾を少しカットしたのは、主題の花をハッキリさせるためでしょう。全部入れると、主題の花と競合する恐れがありますから。柔らかい光のもとで、バランスの良い画面構成ができたと思います。
e0053850_20414371.jpg

[PR]

# by crystal-way | 2005-09-12 20:47 | 初夏~夏の花 | Comments(16)
2005年 09月 10日

crystal-wayの作品(赤いユリ)

白樺林に咲く赤いユリ(カノコユリ?)を撮りました。隣りの白いユリと背景の白樺林を、望遠レンズで組み合わせてみました。赤い色を出すために、露出をプラス。幸い、撮影時には曇ってくれたので、ドギツイ影も出ず優しい写りになりました♪
e0053850_16371526.jpg

[PR]

# by crystal-way | 2005-09-10 16:38 | 初夏~夏の花 | Comments(16)
2005年 09月 09日

ミッチーさんの作品(カワラナデシコ)

花びらの先が細かく裂けて、独特な美しさのカワラナデシコです。この花の美しさを伝えるには、正攻法では、ひとつの花の全体にピントを合わせます。この作品では、その原則どおりメインの花にピントを合わせ、他の花をサブとして扱っています。また、暗い背景で花を浮き上がらせ、グリーンのボケを取り込んで、花のピンク色を引き立てています。右側の暗い部分がやや多すぎるものの、撮影の原則に沿って、実に上手く撮影しています。
e0053850_2244281.jpg

[PR]

# by crystal-way | 2005-09-09 22:49 | 初夏~夏の花 | Comments(11)
2005年 09月 07日

ミントさんの作品(チューリップ)

赤いチューリップが、逆光で透けています。ひとつの花にこだわらず、透明感ある色彩を重ね合わせ、赤色のマスにしたのが新鮮です。下の明部と上の暗部に挟まれて、効果的に赤色を強調できました。花の付け根の黄色い部分が良いアクセントになっています。光を選び、独創性のある絵作りができました。
e0053850_201359.jpg

[PR]

# by crystal-way | 2005-09-07 20:13 | 春の花 | Comments(14)
2005年 09月 05日

AYAさんの作品(スイレン)

スイレンと言えば、初夏の水辺を彩る代表みたいな花。この作品のように、水面や水辺の緑などと組み合わせることで、より季節感が出ます。水面の青は青空を、上部のグリーンは繁茂する柳の葉のイメージで、スイレンの赤い花を一層、印象づけています。右隣りの開きかけた蕾が、花の姿の変化を暗示して、飽きさせません。
e0053850_23111552.jpg

[PR]

# by crystal-way | 2005-09-05 23:18 | 初夏~夏の花 | Comments(15)
2005年 09月 04日

crystal-wayの作品(初秋の彩り)

ヒガンバナの咲く頃、木々の緑はまだ夏の装いのまま‥。いつもならヒガンバナを真っ先に撮るのですが、このときは違いました。夏の名残りの強い日差しを受け、萌黄色に輝く葉に魅かれました。背景のヒカンバナの朱色が、葉を引き立てたのかも知れません。複数の葉にピントを合わせ、露出オーバーにならないよう、注意しました。
e0053850_2105658.jpg

[PR]

# by crystal-way | 2005-09-04 02:12 | 秋の花 | Comments(16)
2005年 09月 03日

ミッチーさんの作品(ロウバイ)

まだ冬の気配が濃い早春に、ロウバイが可愛い花を咲かせて、ホッとさせてくれます。冬枝から直かに咲くので、待ちわびた「春の使者」のようです。この作品では、背景を紅梅のボケ色で統一し、「春のイメージ」を表現しています。背景を広くとり、上手くロウバイのボケも取り込んで、奥行きと広がりのある空間が素敵ですね。
e0053850_9431894.jpg

[PR]

# by crystal-way | 2005-09-03 09:47 | 早春の花 | Comments(10)