2016年 01月 30日

温室に心和むⅠ《ベニゲンペイカズラ》/crystal-wayの作品

寒風吹きすさぶ真冬にこそ、温室の真価がわかります。入口から一歩入れば、そこは南国のような暖かい空気に満たされています。ランやハイビスカスのような大きめな花以外にも、小さくて繊細な花が目を引きます。
「ベニゲンペイカズラ(紅源平葛)」は花枝をたくさん付ける低木で、赤い花と蕾の組み合わせが上品です。

e0053850_13104851.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  Vario-Tessar T* E 16-70ミリ F4 ZA OSS    絞り優先オート   F5.6    WB:オート     JPEG     撮影地:新宿御苑

# by crystal-way | 2016-01-30 13:11 | 温室の花 | Comments(0)
2016年 01月 21日

カンザクラ開花(crystal-wayの作品)

春咲きの桜の仲間で、最も早く花を咲かせるのはカンザクラ(寒桜)です。例年、2月中旬~3月にかけて、ややピンク色の小ぶりな花をたくさん咲かせます。
そのカンザクラが咲き始めました。これまで、暖冬傾向だったせいかも知れません。

ここに来て寒気に覆われる日が続いていますので、カンザクラの開花も足踏み状態でしょう。
花が満開になれば、花を求めてやって来るメジロのさえずりで賑やかになることでしょう。
e0053850_0101917.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  Vario-Tessar T* E 16-70ミリ F4 ZA OSS    絞り優先オート   F5    WB:オート     JPEG     撮影地:新宿御苑

# by crystal-way | 2016-01-21 00:10 | 早春の花 | Comments(0)
2016年 01月 14日

蛇の目傘と冬ぼたん(crystal-wayの作品)

冬ぼたんの良いところは、新春(1月1日)から咲くおめでたい花でもあることです。冬枯れで寒々しい中にあって、新しい一年を祝い、祝福してくれるかのようです。そんな思いに合わせてか、ぼたん苑の中には、赤い毛氈のベンチや蛇の目傘による演出などが見られます。もともと和テイストなぼたんの花ですが、こうした演出で新春ムードに浸れるのも、なかなか良いものです。

e0053850_32823.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  Vario-Tessar T* E 16-70ミリ F4 ZA OSS    絞り優先オート   F11    WB:オート     JPEG     撮影地:上野東照宮ぼたん苑

# by crystal-way | 2016-01-14 06:00 | 初冬~冬の花 | Comments(0)
2016年 01月 06日

冬ぼたん開花(crystal-wayの作品)

新春を祝うように、1月1日から冬ぼたん苑が開きました。まだ開苑間もないのに、八分ほど開花したぼたんの花が艶やかでした。
冬ぼたんの花は、藁囲いに囲まれて、守られながら咲いています。写真でも、藁囲いが格好の背景や脇役になってくれます。

e0053850_22443736.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  Vario-Tessar T* E 16-70ミリ F4 ZA OSS    絞り優先オート   F9    WB:オート     JPEG     撮影地:上野東照宮ぼたん苑

# by crystal-way | 2016-01-06 22:44 | 初冬~冬の花 | Comments(0)
2015年 12月 30日

ハイビスカス白花(crystal-wayの作品)

寒風吹く戸外から温室へ一歩入れば、しっとり暖かい別世界があります。赤いハイビスカスに南国の陽光を思いつつ、目を転じれば木陰に咲く白いハイビスカスに心休まります。温室内の拡散光が、白い花びらのディティールを描き出して、花の繊細な美しさが伝わってきました。

e0053850_21504157.jpg

〔データ〕ソニーα6000  +  E 50ミリ F1.8 OSS    絞り優先オート   F2    WB:オート     JPEG    撮影地:新宿御苑

# by crystal-way | 2015-12-30 21:51 | 温室の花 | Comments(0)
2015年 12月 23日

サザンカ清楚(crystal-wayの作品)

サザンカと言えば、一重の赤い花弁の花が良く見られます。白い花は少なく、八重咲きはあまり見かけません。この公園はサザンカの名所と言われるだけあり、こうしたサザンカの花を見られるのが嬉しいところです。撮影対象としては、ぼたんやバラのように立体的な花のため、ピント合わせや絞り操作に注意が必要になります。
e0053850_20474991.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  タムロン18-200ミリ F3.5-6.3 Di III VC   絞り優先オート    F9   WB:オート   JPEG    撮影地:亀戸中央公園

# by crystal-way | 2015-12-23 20:38 | 初冬~冬の花 | Comments(0)
2015年 12月 17日

落ち葉景色(crystal-wayの作品)

イチョウの落ち葉には、華やかさ明るさがあります。それまでの季節より地面が明るく、周囲の常緑低木を引き立てています。年間でもこの一時期だけの光景で、撮影しておきたいものです。こうした撮影では、広角系レンズのパンフォーカス撮影で、ボケを出さずにきめ細かく写し取ります。
e0053850_20584070.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  Vario-Tessar T* E 16-70ミリ F4 ZA OSS    絞り優先オート   F9    WB:オート     JPEG     撮影地:新宿御苑

# by crystal-way | 2015-12-17 20:58 | 晩秋~冬景色 | Comments(0)
2015年 12月 11日

錦秋・小石川後楽園Ⅱ(crystal-wayの作品)

日本庭園で、晩秋を象徴するものと言えば、『雪吊り』ではないでしょうか。これは、大切な樹木を雪害から守るための“雪囲い”の一種で、芯棒から円錐状に伸びる綱のラインが目を引きます。この写真では、雪吊りを中心に、すでに冬枯れとなったシダレザクラと背景の紅葉を組み合わせてみました。
e0053850_2032687.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  タムロン18-200ミリ F3.5-6.3 Di III VC   絞り優先オート    F13   WB:オート   JPEG    撮影地:小石川後楽園

 

# by crystal-way | 2015-12-11 20:33 | 紅葉 | Comments(0)
2015年 12月 06日

錦秋・小石川後楽園Ⅰ(crystal-wayの作品)

今年の紅葉は、“記録的”と言えるくらいに遅れました。12月上旬にして、本来の紅葉の美しさに出合えた気がします。
小石川後楽園は、水戸光圀が中国の庭園に学んで作庭した「回遊式筑山泉水庭園」ですが、目立った特徴は、本格的な「筑山」による散策路のアップダウンでしょう。紅葉撮影においても、カメラポジションの高低差が、多様な表情の撮影を可能にしています。この作品では、筑山の笹や常緑樹を色のアクセントに取り込んでいます。
e0053850_22331147.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  タムロン18-200ミリ F3.5-6.3 Di III VC   絞り優先オート    F13   WB:オート   JPEG    撮影地:小石川後楽園

# by crystal-way | 2015-12-06 23:02 | 紅葉 | Comments(0)
2015年 11月 24日

葉落ちて冬姿(crystal-wayの作品)

先日までうっそうと葉を茂らせていたスズカケ並木ですが、秋の深まりとともに葉が舞い落ちています。ふと見上げると、すでにほとんど葉を落とした樹が、針の山のように目を引きました。
全ての葉が落ちてしまうのも、そう遠くないと思いました。
e0053850_23552722.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  タムロン18-200ミリ F3.5-6.3 Di III VC   絞り優先オート    F10   WB:オート   JPEG    撮影地:新宿御苑

# by crystal-way | 2015-11-24 23:55 | 晩秋~冬景色 | Comments(0)
2015年 11月 14日

ユリノキ黄葉(crystal-wayの作品)

新宿御苑の広大な苑内で、太い根張りを見せるのがユリノキ(モクレン科)です。ユリノキは明治時代の初期に渡来し、街路樹や公園樹として利用されて来ました。春から夏にかけては、広い葉を繁らせて木陰の憩いを提供し、秋には鮮やかな黄葉に変身して、あたりを秋色に染め上げます。
e0053850_14252158.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  E55-210ミリ F4.5-6.3 OSS   絞り優先オート    F11   WB:オート   JPEG    撮影地:新宿御苑

# by crystal-way | 2015-11-14 14:26 | 紅葉 | Comments(0)
2015年 11月 07日

ウメモドキたわわに実る(crystal-wayの作品)

ウメモドキ(梅擬・モチノキ科)は、本州・四国・九州の湿地などに多い低木で、初夏に花を咲かせて、秋から冬にかけて赤い実をたわわに実らせます。しかも実の付いている期間が長いため、紅葉が終わる頃には、かなり目立つようになります。
写真の題材としても、たくさんの赤い実は魅力的です。望遠レンズでの絵づくりの練習にうってつけです。
e0053850_8421443.jpg

〔データ〕 ソニーα6000  +  E55-210ミリ F4.5-6.3 OSS   絞り優先オート    F6.3   WB:オート   JPEG    撮影地:新宿御苑

# by crystal-way | 2015-11-07 08:43 | 結実 | Comments(0)