フルール花写真教室

cfphoto.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 12日

香り色(キンモクセイ)/crystal-wayの作品

e0053850_2225138.jpg

この時期、街を歩いていても、甘い芳香が鼻をくすぐることがあります。秋の風物と言っても良いキンモクセイ(金木犀・モクセイ科)の花の香りです。中国原産で江戸時代に渡来し、広く庭木として植えられています。その香りの良さから、お茶と混ぜ花茶としたり、蜜煮で香味料にするなどの利用もあるようです。
そのオレンジ色の細かな花を見ると、甘い芳香に似つかわしい色合いに感じました。

【撮影アドバイス】 細かな花の集合を表現するには、出来るだけ多くの花にピントを合わせます。そこで、平面的に花を付ける枝を選んで、正面からねらいます。また、花のオレンジ色を引き立てるため、葉の緑色をバランス良く組み合わせます。背景にもオレンジ色のボケを取り込み、色の対比を強調して、花の色を印象付けます。 

〔データ〕ソニーNEX‐F3  +  タムロンSP AF90ミリF2.5マクロ(ミノルタAマウント)  +  LA-EA1アダプター(α→NEX)   絞り優先オート  F6.3   WB:オート   JPEG   撮影地:東京都東大和市
[PR]

by crystal-way | 2013-10-12 22:04 | 秋の花 | Comments(0)


<< コスモスの撮り方(奥行きを表現...      タチフウロ艶やか(crysta... >>