人気ブログランキング |

フルール花写真教室

cfphoto.exblog.jp
ブログトップ
2019年 09月 23日

ヒガンバナと玉ボケ(crystal-wayの作品)

e0053850_23151006.jpg
秋の彼岸の頃、決まったように咲き出し、独特な赤色で強く印象に残るのがヒガンバナ(彼岸花)です。色だけでなく、近づいて見ると、その花の造形にさらに惹きつけられます。特に奇妙に感じられるには、茎と花のみで葉がないことです。この姿で、多い場所には大群生を作るのですから、初秋の一大イベントにさえ、見えてきます。
そして、樹林帯の下生えに多いので、樹林の木漏れ日(玉ボケ)との組み合わせが、ごく自然に見えます。この場所も、樹林の下草に混じって、しっかりと咲いていました。

ソニーα6000  +  E18-135mm F3.5-5.6 OSS   絞り優先オート   F8   WB:オート  JPEG  撮影地:小石川植物園



# by crystal-way | 2019-09-23 23:26 | 秋の花 | Comments(0)
2019年 08月 22日

『シャンデリアのプット像』(「マイセン動物園展」にて)/crystal-wayの作品

e0053850_08033547.jpg
現在、開催中の「マイセン動物園展」(パナソニック汐留美術館)でのスナップ撮影です。マイセンと言えば、食器を連想しますが、この同展では、神話などのテーマに合わせて作製された彫像作品を見られます。この作品も大きめなシャンデリアで、中心部にプット像(天使像)が音楽を奏でる姿で4方向に装飾されています。造形・色調ともに見事な作品で、磁器性でこの美しさを保ち続けるのは、素晴らしいと感じました。

ソニーα6000  +  E18-135mm F3.5-5.6 OSS   絞り優先オート   F13   WB:オート  JPEG  撮影地:パナソニック汐留美術館



# by crystal-way | 2019-08-22 08:17 | 街並スナップ | Comments(0)
2019年 08月 04日

ヒマワリの花(昭和記念公園)/crystal-wayの作品

e0053850_00112732.jpg
真夏の花といえば、ヒマワリが思い浮かびます。東京近郊で、手軽に行けるヒマワリ畑として、昭和記念公園はおすすめです。ヒマワリ自体は小ぶりな種類で、大きく背の高いヒマワリとは異なりますが、親しみやすく観賞しやすいと感じました。この作品では、暗い背景で、花をクッキリ撮り、印象を強めました。葉も薄いので、前ボケ扱いも容易です。軽やかでフレンドリーなヒマワリで、おすすめです。

ソニーα6000  +  E18-135mm F3.5-5.6 OSS   絞り優先オート   F18   WB:オート  JPEG  撮影地:昭和記念公園


# by crystal-way | 2019-08-04 00:24 | 初夏~夏の花 | Comments(0)
2019年 07月 12日

『和のあかり×百段階段2019』~和傘のイルミネーション~(crystal-way撮影)

e0053850_23053049.jpg
ホテル雅叙園東京の百段階段で開催される恒例のイベント、『和のあかり×百段階段2019』が始まりました。今年は昨年よりパワーアップしている印象で、この和傘のイルミネーションは、昨年にない新作のようです。映り込みを活かす黒光沢の敷板が、奥行きや深みを加えていました。

〔データ〕ソニーα6000  +  E18-135mm F3.5-5.6 OSS   絞り優先オート   F6.3   WB:オート  JPEG  撮影地:ホテル雅叙園東京・百段階段



# by crystal-way | 2019-07-12 23:15 | 街並スナップ | Comments(0)
2019年 06月 15日

蝶のごとく(ガクアジサイ)/crystal-wayの作品

e0053850_10210899.jpg
ブルーを基調に、うっすらピンクがかったガクアジサイでした。レンズを通して見ると、白い蝶が群れ飛んでいるかのようです。美しいガクに満たされながら、初夏の清々しい花撮影を楽しめました。

データ〕ソニーα6000  +  E18-135mm F3.5-5.6 OSS   絞り優先オート   F8   WB:オート  JPEG  撮影地:としまえん・あじさい園


# by crystal-way | 2019-06-15 10:31 | 初夏~夏の花 | Comments(0)
2019年 05月 27日

春の盛り・サクランボ実る(crystal-wayの作品)

e0053850_19400955.jpg
いわゆる、食用の「サクランボ」は大粒の美味しい実ですが、通常の桜の木にも、「サクランボ」が実ります。小さな実ながら、色形が美しく、『春の実りの季節』の到来を実感できました。一方、鳥たちには、またとないご馳走となりましょう。
春の好き日に、キレイな桜の花に思いを馳せながら、撮影しました。

〔データ〕ソニーα6000  +  FE90mmF2.8 Macro G OSS  絞り優先オート   F5.6   WB:オート  JPEG  撮影地:小石川植物園


# by crystal-way | 2019-05-27 19:58 | 結実 | Comments(0)
2019年 05月 05日

メタセコイア新緑(crystal-wayの作品)

e0053850_06300399.jpg
『メタセコイア(ヒノキ科)』は、高さ25~30mになる落葉針葉樹です。その歴史は古く、かつて北半球の北極周辺に広く分布、日本でも新生代の地層から化石が出ています。いったん絶滅したと思われていたのが、中国などで現存が確認されました。1948年、アメリカから日本の保存会へ苗が送られ、各地に広まりました。
メタセコイアの葉は細長く、その繊細な造形が写真撮影に向いています。この作品では、低い枝先の葉をクローズアップしてみました。

〔データ〕ソニーα6000  +  FE90mmF2.8 Macro G OSS  絞り優先オート   F9   WB:オート  JPEG  撮影地:小石川植物園


# by crystal-way | 2019-05-05 06:47 | 新緑 | Comments(0)
2019年 04月 11日

染井吉野・チューリップ/春の共演(crystal-wayの作品)

e0053850_18071778.jpg
昭和記念公園の渓流広場では、4月上~中旬にかけて、チューリップの彩り豊かな花が咲きそろいます。今年は、4月に入ってから、季節はずれの寒さが続き、染井吉野の花が散らずに咲いています。そこで、今年に限っては、桜(染井吉野)とチューリップの共演を撮影できました。ここでは、桜を主役に、チューリップと新緑の彩りを脇役としました。染井吉野の花は白色に近いので、カラフルな色との相性がとても良いですね。

〔データ〕ソニーα6000  +  E18-135mm F3.5-5.6 OSS   絞り優先オート   F11   WB:オート  JPEG  撮影地:昭和記念公園


# by crystal-way | 2019-04-11 18:16 | 春の花 | Comments(0)
2019年 03月 13日

紅梅らんまんと咲く(crystal-wayの作品)

e0053850_22141409.jpg
それは、早春の青空をキャンバスに、紅梅白雲が描いた『目の覚めるような花景色』でした。こぼれ落ちんばかりに枝を覆う紅梅の花は、春の日差しを受けて、今この瞬間を謳歌しているようでした。上空の風で広がり流れゆく白雲がアクセントとして好位置に入ったときが、シャッターチャンスとなりました。印象に残る光景を、この写真が思い起こさせてくれます。

〔データ〕ソニーα6000  +  E18-135mm F3.5-5.6 OSS   絞り優先オート   F9   WB:オート  JPEG  撮影地:小石川植物園


# by crystal-way | 2019-03-13 22:26 | 早春の花 | Comments(0)
2019年 02月 01日

ニホンスイセン馥郁と咲く/crystal-wayの作品

e0053850_05375907.jpg

季節の変化は、人の営みとは別の流れの中で、連綿と繰り返しています。それは、毎年同じようでありながら年によって異なり、花の咲き方の違いとなって現れます。
東京随一と言われる『葛西臨海公園のニホンスイセン』でも、12月までの暖冬と、1月からの寒気の影響で、生育・開花の途上にある花も多いようです。それでも、元気に咲いている花たちは凛と美しく、早春の息吹を感じさせてくれます。この作品では、ニホンスイセンのフォルムを描き出すべく、暗めな背景で、その姿を強調してみました。

〔データ〕ソニーα6000  +  E18-135mm F3.5-5.6 OSS   絞り優先オート   F9   WB:オート  JPEG  撮影地:葛西臨海公園




# by crystal-way | 2019-02-01 05:39 | 早春の花 | Comments(0)
2019年 01月 10日

上野東照宮・冬ぼたん好日(crystal-wayの作品)

e0053850_05430165.jpg
元旦より開苑している『上野東照宮ぼたん苑』で、冬ぼたんが開花中です。本来のぼたんの花は、4月下旬頃に咲きます。その花を真冬に咲かせるには、夏を寒冷な場所で過ごさせるなど、特別な処置を施しているそうです。そうした園芸技術の粋をみるような、大輪のぼたんの花が見事です。さらに、冬ぼたんの良さに、「藁囲い」があります。降雪や寒気からぼたんを守るための囲いですが、和テイストの風情に溢れ、「冬ぼたん」を忘れられない冬の風物詩にしています。

〔データ〕FUJIFILM X-T20  +  XF18-135mmF3.5-5.6   絞り優先オート   F9   WB:オート  JPEG  撮影地:上野東照宮ぼたん苑


# by crystal-way | 2019-01-10 05:58 | 早春の花 | Comments(0)
2018年 12月 22日

早春の兆し(サザンカ&芽吹き)/crystal-wayの作品

e0053850_11024747.jpg
サザンカ(山茶花)の名所である「亀戸中央公園」では、盛りの花から散り花となったものまで、サザンカの最後の美しさを楽しめました。地面をよく見ると、一面に散った花びらを引き立てるように、雑草が芽吹いていました。初冬の花の次には、早春の草花が、その出番を待っているかのようでした。

〔データ〕ソニーα6000  +  E18-135mm F3.5-5.6 OSS   絞り優先オート   F11   WB:オート  JPEG  撮影地:亀戸中央公園


# by crystal-way | 2018-12-22 11:24 | 初冬~冬の花 | Comments(0)